韓国旅行「コネスト」 国内チーム、済州黒牛のクローンに成功。韓国の経済ニュース
KONEST

国内チーム、済州黒牛のクローンに成功

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
国内研究チームによって初めて済州(チェジュ)産「黒牛」のクローンが誕生した。

済州大幹細胞研究センターの朴世必(パク・セピル)教授チームと(株)未来生命工学研究所は31日、「絶滅危機の済州黒牛種雄牛を体細胞核移植方法で複製するのに成功した」と明らかにした。

黒牛は全身が黒い韓牛の品種の一つ。済州だけで飼育され、肉がおいしく、高麗時代から献上品として使われたと文献に記述されている。しかし頻繁な交雑過程で血統が混ざり、現在、済州道畜産振興院と畜産科学院済州出張所が保有する400頭だけが命脈を維持している。

今回のクローン黒牛は、黒牛種雄牛の細胞を耳から取った後、核を取り出して卵子に入れて受精卵を作り、代理母の韓牛の子宮に移植する方法で行われた。59頭の代理母の子宮に受精卵を移植し、このうち6頭が妊娠に成功した。

初めてのクローン黒牛は帝王切開で3月11日に生まれた雄「ホクヨンドリ」で、生まれた当時の体重は28キロだった。5カ月余りが過ぎた現在の体重は150キロで元気に育っている。しかしその後生まれた4頭は死んで、残り1頭は代理母が9月に出産を控えている。

朴教授は「クローン黒牛の成功は済州黒牛種雄牛と優良雌牛の大量クローン技術を確保したという意味がある」とし「受精卵の培養と移植システムの確立を通して絶滅危機に直面している済州黒牛の種保全と商品化が可能になった」と強調した。

キム・ウンギョン未来生命工学研究所長は「済州黒牛は一般韓牛に比べて脂肪酸が低く、不飽和脂肪酸が高いため、ウェルビーイング食として脚光を浴びるだろう」と期待を表した。

研究チームは済州道と農林水産食品部の「済州黒牛大量増殖技術開発および産業化」企画課題の一環としてクローン黒牛研究を行っている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年09月01日 09:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]