韓国旅行「コネスト」 国内1000大企業、昨年は売上高増も純利益は減。韓国の経済ニュース
KONEST

国内1000大企業、昨年は売上高増も純利益は減

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル31日聯合ニュース】米国発金融危機に陥った昨年、韓国企業上位1000社は売上高を増やした半面、純利益は減らしたことが分かった。
 大韓商工会議所が31日に企業情報データベース「KORCHAMBIZ」に発表した国内1000大企業の分析資料によると、1000大企業の昨年の平均売上高は1兆8270億ウォン(約1700億円)、純利益は536億ウォン、従業員数は平均1500人、企業年数は26年だった。2007年と比べると売上高は37.8%増加したが、純利益は40.9%減少した。従業員数は2.2%減り、企業年数は約2.7%延びた。

 大韓商工会議所関係者は1000大企業について、国税庁に法人事業者として申告されている企業が国内に50万社を超える点を考慮すると、国内上位0.2%に属する看板企業に当たると説明した。

 この1000社を業種別にみると、製造業が48.3%で最も多く、卸小売業(14.8%)、建設業(10.2%)、金融業(9.0%)、出版・映像・放送通信・情報サービス業(4.1%)、運輸業(4.0%)などが後に続いた。地域別ではソウルが53.0%で圧倒的な割合を占め、京畿道14.0%、慶尚南道5.4%、釜山5.5%、慶尚北道4.0%などの分布を示した。

 1000社の売上高の下限は2221億ウォンで、企業がこの水準に達するには平均15.9年かかることが分かった。また、1000社のうち毎年平均107.5社が入れ替わっている。

 業種別の売上高増加幅は、金融・保険業が74.0%、運輸業が40.3%、不動産・賃貸業が28.7%、製造業が28.4%、電気・ガス・蒸気・水道事業が25.5%、建設業が12.1%などだった。純利益の減少幅は電気・ガス・蒸気・水道事業が156.5%、運輸業が87.0%、建設業が59.2%、不動産・賃貸業が43.1%、製造業が39.0%、金融・保険業が31.8%の順だった。

japanese@yna.co.kr
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年08月31日 14:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]