韓国旅行「コネスト」 ドイツから帰化したイ・チャム氏、韓国観光公社社長に内定。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
K-POP歌番組観覧ツアー3月予約絶賛受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > ドイツから帰化したイ・チャム氏、韓国観光公社社長に内定

ドイツから帰化したイ・チャム氏、韓国観光公社社長に内定

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国観光公社社長にドイツ出身の帰化韓国人イ・チャム(旧名イ・ハンウ)氏が内定したと青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者が28日に明らかにした。

帰化韓国人が公共機関のトップに内定するのは今回が初めて。1986年に韓国籍を取得し事業家やタレントとして活動してきたイ氏は、2007年にハンナラ党の大統領候補を決める党内選挙戦当時に李明博(イ・ミョンバク)陣営で特別補佐官として活動した。最近では韓国政策放送(KTV)で「イ・チャムのアップグレードコリア」という番組の司会進行を務め、観光発展と韓国料理の世界化などをテーマに放送活動を行っている。

青瓦台関係者は、「観光産業を新たな見方からアプローチする必要があるという判断に基づき、初めて帰化外国人を社長に内定した」と背景を説明した。イ氏の内定は帰化韓国人や外国人の公職進出拡大のシグナルという見方も出ている。

李大統領も大統領当選後の昨年1月に「外国人も公務員になれるよう法律を変えるよう提案したい」と明らかにしていた。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年07月29日 07:34
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • ケネディスクールのような「盧武鉉スクール」を推進
  • 青瓦台「サマータイム導入を検討」
  • 李大統領「メディア法、これ以上先送りできない」
  • 【写真】李大統領が忠北・槐山高校を訪問
  • 乱闘の末可決したメディア法の後遺症、代理投票疑惑
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、実質所得7年ぶり減少
    スケート アジア大会で過去最高
    弾劾の賛成派・反対派が集会開催へ
    イェウン脚線美で視線“強奪”
    朴大統領弾劾審理の最終弁論延期は?
    TWICEの日本進出が決定
    キム・ヨナの後輩たち、メダルに挑戦
    ZE:Aグァンヒ来月13日軍入隊
    現代自・米品質調査で歴代最高の6位
    韓国のカンガルー族、少子化を加速か
    週間アクセスランキング
    俳優の同い年カップル5月非公開...
    17.02.23
    Red Velvetの衣装が話題
    17.02.21
    引退したソン・ヨンジェ芸能界進...
    17.02.22
    ソン・ジェリム、誕生日会を日本...
    17.02.21
    ソン・ヘギョ、バーバリーショー...
    17.02.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]