韓国旅行「コネスト」 姦通罪、最近の告訴事例をよく見てみると…。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
KORAIL PASSと共に韓国各地を満喫しよう!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 姦通罪、最近の告訴事例をよく見てみると…

姦通罪、最近の告訴事例をよく見てみると…

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
刑法に姦通罪処罰条項が初めて入ったのは大韓帝国時の1908年だった。当時は女性配偶者の姦通にのみ処罰することにした。この条項は日帝時代もずっと維持された。

光復後、刑法制定を論議しながら男女平等の次元で正当かどうかをめぐり論難が起こった。当時、ある法曹家は「男性の性欲は強いため、引っかからない男はいない」と男性配偶者は処罰の対象から除くことを主張した。しかし53年、パク・スンチョン、イム・ヨンシンら女性国会議員たちの主導で男女とも処罰する条項を入れるようになった。蓄妾文化が浸透した状況で女性のための“保護の傘”が必要だったのだ。

しかし最近、性解放の風潮が拡散し、男性配偶者が女性配偶者を告訴する事例が増えているのだ。昨年、ソウル中央地方裁判所の姦通事件判決32件のうち11件は男性配偶者が女性配偶者を告訴した。このうち6件は告訴を取り下げず、結局、実刑や執行猶予が宣告されている。だいたい男性配偶者が告訴人の場合は告訴を取り下げず最後まで争う傾向が強いという。

昨年、憲法裁判所の「姦通罪合憲」決定後、韓国女性団体連合など一部の女性団体は「配偶者の姦通に対して妻より夫の方が厳格に法を適用したがるのが事実だ」とし「夫婦間の信頼と責任を国家刑罰権にのみ任せることで実質的代案を見出す社会的論議が消えないか懸念される」という論評を出した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年07月16日 12:48
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 【写真】夏休みを迎えて農村でアルバイト
  • ソウル漫画・アニメフェス22日開幕、映画祭開催も
  • 健康ブームで鶏ささみが人気、輸入急増・供給不足も
  • カナダと空の自由化、オープンスカイ協定発効
  • ソウル〜春川間の高速道路、きょう午後10時開通
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    1500万円の世界一周、ソウルから
    ガールズグループSISTARが解散
    女優キム・テヒが妊娠15週目
    U-20W杯、韓国がアルゼンチンと
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    iKONのPV400万ビュー突破
    朴前大統領が地裁に出廷=初公判
    釜山市が福岡で観光説明会
    日本就職サイトがリニューアル
    防弾少年団、米ビルボードで受賞
    週間アクセスランキング
    イ・サンウとキム・ソヨン前撮り...
    17.05.19
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    外国人が選ぶ「韓国人の独特な行...
    17.05.17
    ソン・ジュンギ、億戸建てを購入
    17.05.18
    AOAソリョン完全無欠の名品脚線美
    17.05.19
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]