韓国旅行「コネスト」 カナダと空の自由化、オープンスカイ協定発効。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

カナダと空の自由化、オープンスカイ協定発効

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル16日聯合ニュース】国土海洋部は16日、韓国・カナダ間で合意した航空自由化(オープンスカイ)が、同日に外交当局間の共同発表を経て正式に発効されたと明らかにした。韓国とカナダは旅客・貨物部門ともに運航地点と回数に制限を受けることなく、自由に運航できるようになった。カナダを経由する中南米地域への運航も可能になった。
 韓国は昨年11月に開催された韓国・カナダ航空交渉で、アジア・太平洋地域の国では初めて、カナダと完全な航空自由化に合意、ことし6月に仮署名を行った。

 カナダには30万人の韓国人が居住し、年間20万人が相互訪問しているが、これまでバンクーバー、トロント、モントリオールの3都市、週2000席の範囲に運航が制限されていた。

 協定発効を受け、大韓航空は、週5便を運航中のバンクーバー路線で航空機を261席から355席に代替する。11月からは週2便を増便し、毎日の運航とする。トロント路線も同じく現在週5便だが、来月中旬から週7便に拡大、毎日運航する計画だ。

 韓国は1998年に米国とのオープンスカイを施行。2007年には日本、2008年はメキシコと、一部地域を除き自由化している。2010年には中国とも全面的なオープンスカイを施行する。また、ことし第4四半期からは欧州連合(EU)と航空自由化交渉を開始する予定だ。

 国土海洋部は、カナダとのオープンスカイで、北米大陸との交流協力をさらに拡大し、世界航空市場の3大軸をなす北米、欧州、アジア・太平洋地域の航空自由化・地域ブロック化の動きにより積極的に対応できるものと期待をかけている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年07月16日 10:55
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
韓国の新規コロナ感染者715人
KAISTがグローバル企業に選出
早くも夏日 ソウルの最高気温29度
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
電動キックボード 無免許は違反に
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]