韓国旅行「コネスト」 韓国の医療費支出、OECDで最大の増加率。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国の医療費支出、OECDで最大の増加率

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル3日聯合ニュース】韓国の医療費支出が経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち最も早い速度で増加していることが分かった。韓国人の平均寿命の伸びも加盟国の中で最も大きく、医者の絶対数はまだ少ないほうとはいえ、増加率としては高水準となっている。

企画財政部が3日に明らかにしたところによると、OECDは2009年版世界医療現況の韓国に関する報告書で、韓国の医療費支出の増加速度が1990年代はOECD平均の2倍以上、2000年代に入っても増勢が続いていると明らかにした。

韓国の医療費支出は2000~2007年に年平均9.2%増と、先進国平均の3.7%を大きく上回り、30加盟国のうち最大の増加率だった。

しかし、対国内総生産(GDP)比では2007年は6.8%と、トルコ(5.7%)、メキシコ(5.9%)、ポーランド(6.4%)に次ぐ低さで、OECD平均の8.9%に比べても2.1ポイント低い。韓国の1人当たりの個人・公共医療費支出は1688ドル(約16万2000円)で、OECD平均2964ドルの6割程度にとどまる。報告書は、韓国でこの10年に医療支出が急増したのは、公共部門の支出が拡大したためと分析する。

医療費全体に占める国の負担割合を見ると、韓国は1995年の36%から2007年には55%に上がった。それでもOECD平均の73%を大幅に下回る。

一方、韓国人の寿命は1960年から2007年の間に27年延びた。2007年には79.4歳で、OECD平均の79.0歳を超えている。また、2007年の人口1000人当たりの医師数は、韓国は1.7人でOECDではトルコの次に少ない。OECD平均は3.1人。しかし報告書は、韓国は1990年から2007年の間に1000人当たりの医師数は2倍以上増え、OECDで最大の増加率を示したと述べた。




COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年07月03日 10:06
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]