韓国旅行「コネスト」 焼酎業界の‘まろやか戦争’続く。韓国の経済ニュース
KONEST

焼酎業界の‘まろやか戦争’続く

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
焼酎のアルコール度数を下げる‘低度化競争’が続いている。 生産企業が消費者の嗜好の変化に合わせて‘まろやか味’を追求しているからだ。

焼酎業界1位の真露(ジンロ)は「チャムイスル・フレッシュ」発売1周年となる20日から19.5度リニューアル製品を発売する。 これはアルコール度数を従来の19.8度から0.3度下げた製品。 クリーンなイメージを強調するため商標デザインにも手を加えた。

真露が焼酎のアルコール度数を下げたのは、先月アルコール19.5度の「チョウムチョロム」リニューアル製品を出した競合社の斗山(トゥサン)酒類に対抗するためだ。

焼酎の‘低度化’ブームは1990年代後半から始まった。 98年に真露が25年ぶりに度数を2度下げた23度の「チャムイスル」を発売して以降、焼酎業界は先を競ってアルコール含有量を減らしてきた。 22度、21度と低度化が続くなか、昨年2月、斗山酒類は20度の「チョウムチョロン」を発売した。 この時、真露は20.1度製品で対抗した。焼酎の味を守る‘マジノ線’と見なされてきた20度の壁が崩れたのは、真露が19.8度の「チャムイスル」を発売した昨年8月。 その後、地方酒類業者までが‘まろやか焼酎’戦争に加勢した。

釜山(プサン)・慶尚南道(キョンサンナムド)の大鮮(デソン)酒造と舞鶴(ムハック)は16.9度の超低度焼酎「シーユー」と「チョウンデイ」を発売した。 大邱(テグ)の金福酒(クムブクジュ)は「ザ・ブルー」(17.9度)を、大田(テジョン)のソンヤンは「マルグリン」(19.5度)を相次いで出した。

酒類業界の関係者は「20度の壁が崩れただけに、どこまで下がるか予想するのは難しい」と語った。 しかし「焼酎の味が薄くなった」という不満の声も出てきているため、アルコール度数を下げ続けるのは容易でないという見方もある。

李?祥(イ・ヒョンサン)記者




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年08月21日 14:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
I.O.I 約束通り5周年に再集結
テミン、5月31日に軍楽隊入隊へ
韓国の新規コロナ感染者549人
5月から世界のマックでBTSコラボ
Apinkがデビュー10周年
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
ソウルで設立10周年の記念写真展
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
韓国ラッパーのイ・ヒョンベさん死去
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]