韓国旅行「コネスト」 「尊厳死」選択の女性、人工呼吸器外した後に自発呼吸。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「尊厳死」選択の女性、人工呼吸器外した後に自発呼吸

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「人工呼吸器を外します」。23日午前10時20分、ソウル延世(ヨンセ)大セブランス病院本館1508号室。沈黙を破ってキムさん(77、女性)の主治医パク・ムソク教授(呼吸器内科)が低い声で話した。

キムさんから人工呼吸器が外された。ふうっとキムさんは一度大きく呼吸した。午前10時38分、キムさんの目に涙がたまり頬をつたって流れた。(主治医のパク教授は「感情で涙を流したのでなく目の閉じ方によって涙が流れた」と説明)。

家族が裁判所に呼吸器除去訴訟を起こしてから13カ月目に呼吸器を外したのだ。しかし呼吸器を外せば長くても3時間は超えられないという一般的な予想とは違い、キムさんは自ら呼吸をしながら生きている。呼吸と脈拍・血圧・体温は正常だ。

パク教授は「脳幹と大脳が損傷した状態だが、呼吸器を外す前も自発呼吸が全くなかったわけではないため、今のような状況が発生することも考えられる」と述べた。パク教授は「キムさんの呼吸の強度が弱いため、気管支に痰がたまって長くは生きられないだろう」と推定した。

日本では今年2月、60歳代の患者の人工呼吸器を外し、13分後に死亡した。米国では1975年、裁判所の判決を受けて21歳の女性患者の人工呼吸器を外したが、その後10年間生きていた。

キムさんの生存期間が長くなれば診断が変わる。セブランス病院の尊厳死ガイドラインによると、現在は人工呼吸器に依存する植物状態(2段階)だが、今後、自発呼吸する植物状態(3段階)に重症度が低くなる可能性がある。

この場合、最高裁が判断したキムさんの状態が変わる。最高裁は先月の判決で「キムさんが回復不可能な死亡の段階に入ったと評価される」と述べた。しかし回復不可能という評価は合っているが、死亡の段階に入ったという評価は変わる可能性がある。

予期しなかった状況が発生し、尊厳死の許容要件を強化すべきだという主張が出ている。セブランス病院は対国民発表文で「最高裁の判決と家族の意に基づいて人工呼吸器を外したが、人間の生命を引き取る尊厳死は抑制されなければならない」と述べた。

大韓弁護士協会は23日の声明で「患者が尊厳死を選択したことを客観的に証明できるよう公証手続きや方法を(尊厳死法案に)追加しなければならない」と主張した。



COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年06月24日 07:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]