韓国旅行「コネスト」 初心に帰った李大統領…「親庶民、中道統合」連日強調。韓国の政治ニュース
KONEST

初心に帰った李大統領…「親庶民、中道統合」連日強調

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
検察総長・国税庁長に対する破格人事が発表された21日を基点に青瓦台が忙しく動き始めた。

22、23日両日間に行われた青瓦台首席会議と国務会議の風景を見ると、李明博(イ・ミョンバク)大統領が強調する今後の国政運営の強調点が読める。

代表的な方向は「親庶民政策」と「中道中心の社会統合」の2つだ。「親庶民」「中道実用」「国民統合」などはすべて李大統領が過去の大統領選挙過程で掲げたおなじみの話題だ。言い換えれば「歴代最多票差である530万票差での大統領選挙勝利」を李大統領にもたらした価値に戻すこと、初心に帰ることで新たな国政運営の解法と方向を見出すということだ。

特に「親庶民政策」について李大統領は22日、首席会議で「マイクロクレジットバンク」(無保証少額信用貸出銀行)とともに庶民に実用的に役に立つ政策を強化せよ」と指示した。

23日の国務会議でも「非正規職法案が処理されなければ苦しむのは非正規職勤労者だ。彼らの処遇が改善されるように努力しなければならない」と強調した。

青瓦台がより精巧な戦略を整える分野はまさに「中道中心の国民統合」だ。ここには過去、李大統領を支持した中道陣営が李明博政府に対する支持を撤回したため現政府がコーナーに追い込まれることになったという判断が落ち着いている。中道右派的性向の階層が望む“先進化のための法治と社会秩序”の価値は確固として守っていくが、中道左派的階層を包容するために親庶民政策を全面に掲げるという戦略だ。

李東官スポークスマンが22日「親庶民への歩みを強化しながらも法治を揺さぶる行動に対しては原則に即した断固たる行動をとる、いわゆるツートラック戦略を使う」と明らかにした部分が結局、中道層右軍化戦略の骨幹であるわけだ。

厚くなった中道層の支持をもとに左と右を抱える国民統合作業に邁進するというのが青瓦台が描く全体像だ。

青瓦台の関係者は「当初、李大統領が大統領選挙のときに掲げた2つは経済再生と国民統合」とし「これまで経済にオールインしてきたことで経済回復の土台がある程度用意されただけに、今後は国民統合のために力を傾けるというのが李大統領の考えだ」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年06月24日 10:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
中小企業44%が「コロナで二極化」
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]