韓国旅行「コネスト」 金国会議長が憲法改正提起の方針、来月憲法記念日後。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
【Klive】1+1で80%OFFのオトクなチャンス!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 金国会議長が憲法改正提起の方針、来月憲法記念日後

金国会議長が憲法改正提起の方針、来月憲法記念日後

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル11日聯合ニュース】金炯オ(キム・ヒョンオ)国会議長は11日、制憲節(憲法記念日・7月17日)から憲法改正問題を本格的に提起するとの考えを示した。ソウル市内のホテルで特別講演を行ったなかで述べたもの。現在は大統領がすべての責任を負うようになっており、退任後「不便な関係」が続かざるを得ないと指摘。所信と使命をもって憲法改正を行う必要があると主張した。
 金議長は、1987年の憲政体制を現在まで20年間余り維持しているが、直接選挙制度導入以降、5人の大統領のうち4人が不幸な結果に直面していると述べた。こうした副作用が今、大きな試練として感じられているとし、憲法を改正し国家システムを再整備する必要があると指摘した。英独のような内閣制度、フランスのような二院制など、どのような方向で行くにせよ権限と責任を明確にするとし、「権力の分離のなかで責任も明確にされなければならない」と強調した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年06月11日 16:37
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 李明博政府、常に国民と対話を
  • 開城工業団地に暗雲、19日再協議も交渉余地不透明
  • 野党、撤去民団体、反MB…「理念」で染まったソウル広場
  • あす南北実務会談、政府は抑留問題を最優先議題に
  • 民主党「盧武鉉前大統領の追慕集」出版へ
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    金正男毒殺、請負殺人の可能性高まる
    韓国映画、正月映画2作がヒット
    韓国の新小学生、ハングル授業が倍に
    サムスン電子、企業イメージ陥落
    韓国大統領選支持率、文氏がトップ
    冬季種目好きな日本、平昌に関心高い
    TWICE、初の単独コンサート開催
    イ・ミンホのファンミに6千人歓声
    倉本裕基、3月来韓コンサート開催
    忠清南道で観光商品を開発
    週間アクセスランキング
    マートに行ったチョン・ジヒョン
    17.02.16
    T.O.P陸軍訓練所入所写真を公開
    17.02.16
    最近流行の韓国女性の化粧法は?
    17.02.17
    韓服姿で卒業式
    17.02.16
    韓国に来た羽生、キム・ヨナ並み...
    17.02.15
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]