韓国旅行「コネスト」 芸能プロダクションの不公正な専属契約に是正措置。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

芸能プロダクションの不公正な専属契約に是正措置

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
公正取引委員会(公取委)が俗称「奴隷契約」と呼ばれる芸能プロダクションの不公正な専属契約に対し、是正措置を取った。

公取委は8日、YGエンターテイメント、スター帝国など20の中小のプロダクションに所属している芸能人230人の専属契約書を調べたところ、8の類型の不公正約款を確認、同条項の修正、削除を命じる是正措置を取った、と発表した。

私生活の自由を侵害する条項が代表的な「不公正約款」に挙げられた。例えば、芸能人が所属事務所に「自身の居場所を常に報告すべき」「出国前にあらかじめ承認を受けるべき」などといった内容だ。またプロダクションの許可なく、芸能活動を中止または引退することができず、プロダクションとの契約を解約するためには同じ業種や類似の芸能活動も中断しなけれいけない、という不利な条項もあった。

一部プロダクションでは「未発表曲を使用した際にはプロダクション側が収益権を持つ」という条項まで設けている。芸能活動に関連したあらゆる契約の調停権を持ち、契約の権利をプロダクションの意向によって譲渡できると定めたプロダクションもあった。「会社または子会社が主催するイベントに無償で出演すべき」といった具合で、PR活動を強いる条項も少なくなかった。

公取委によると、今回摘発されたプロダクションのうち、13社は「不公正な条項を自主的に是正する」としており、残りのプロダクションは公取委が今月末まで作成する「芸能人専属契約標準約款」を導入する方針を決めた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年06月09日 09:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]