韓国旅行「コネスト」 最高裁、「エバーランド事件」李健煕前会長に無罪確定。韓国の経済ニュース
KONEST

最高裁、「エバーランド事件」李健煕前会長に無罪確定

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
最高裁判所全員合議体は29日、エバーランド転換社債(CB)を安値で発行し会社に損害を与えた疑い(特定経済犯罪加重処罰法上背任)で起訴された許泰鶴(ホ・テハク)・朴魯斌(パク・ノビン)元エバーランド代表に有罪を言い渡した原審を無罪趣旨で破棄した。 最高裁は事件をソウル高裁に差し戻した。

最高裁は判決文で「許泰鶴・朴魯斌元代表の行為は任務に背いて会社に損害を与えたと見なすことはできない」と明らかにした。 また「転換社債は株主配分方式で発行され、株主が配分された株式を失権した」とし「したがって代表取締役が会社に対する背任行為をしたと見なすことはできない」と説明した。 最高裁判事11人のうち6人が無罪意見を出し、5人は反対意見を出した。

最高裁判所2部は李健煕(イ・コンヒ)前三星グループ会長がエバーランド転換社債(CB)を安値で発行し会社に損害をもたらした容疑に対し、無罪を宣告した原審を確定した。 しかし李前会長が三星SDSの新株引受権付社債を安値で発行し会社に損害を与えた容疑に対しては無罪を言い渡した原審を破棄し、事件をソウル高裁に差し戻した。 最高裁は「三星SDSの新株引受権付社債発行は第3者に配分するためのものであり、これは会社に対する背任となる」と明らかにした。 李前会長の脱税容疑も破棄され、差し戻された。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年05月29日 16:52
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
新規コロナ感染者2日連続700人超
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]