韓国旅行「コネスト」 北朝鮮が新型短距離ミサイル発射、SA5改良型試験か。韓国の政治ニュース
KONEST

北朝鮮が新型短距離ミサイル発射、SA5改良型試験か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル29日聯合ニュース】北朝鮮が29日午後6時12分ごろ、咸鏡北道花台郡舞水端里から東海へ地対空短距離ミサイル1発を発射した。
 政府当局者は北朝鮮のミサイル発射事実を確認した後、このミサイルを「新型地対空ミサイルと推定される」と明らかにした。これまで把握されていた短距離ミサイルとは全く異なる種類で、25日に発射しようとして中断した地対空ミサイルを試験発射したものとみられると説明した。

 情報当局では、この地対空ミサイルの最大射程を260キロメートルと推定しているようだ。

 北朝鮮は射程260キロの地対空ミサイル・SA−5を1963年に導入し東部・西部に配置しているが、今回発射されたミサイルはこれを改良したものと考えられている。

 北朝鮮は25日午前の核実験に続き、同日午後に江原道・元山から地対艦ミサイル2発、26日には咸鏡南道・咸興近くから地対艦ミサイル3発を発射している。この日も含めると核実験後に発射したミサイルは合計6発。現在、北朝鮮は黄海沿岸でも短距離ミサイル発射の動きを見せており、韓国軍当局は神経をとがらせている。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年05月29日 21:08
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]