韓国旅行「コネスト」 ゴンドラに乗って南山へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ゴンドラに乗って南山へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2011年、南山(ナムサン)に新しい交通機関が誕生する。

ソウル市は「地下鉄4号線明洞(ミョンドン)駅と忠武路(チュンムロ)駅間の現交通放送社屋から南山頂上まで960メートル区間にゴンドラリフトを設置する」と26日、発表した。「南山エアカー」と名付けられたリフトは、ケーブルカーの一種で、ケーブルカー2台が行き交うのとは違い、数台が列をなして移動するのが特徴。国内には統営弥勒山とスキー場に設置されている。

南山に新しい交通導入が論議されたのは昨年3月。ソウル市が南山を文化・芸術の中心地に変化させるという「南山ルネサンス」事業を発表した。市民たちの便宜と環境に与える影響などを検討した結果、リフト方式が決まった。軌道設置のために多くの柱を立てなければならないモノレール、山裾に鉄道軌道を設置しなければならない山岳列車と違い、ゴンドラリフトは乗り場と2つの柱だけ設置すればよいことから環境を破壊することも少なくてすむという点で決定となった。

6人乗りリフト27台で構成されるエアカーは1時間に1350人が利用できる。現在の48人乗りケーブルカーは1時間当たり搭乗人員が570人だ。設置費用は250億ウォンで、ソウル市は民間資金を誘致してリフトを設置することにした。

キム・ヨンゴルソウル市均衡発展本部長は「南山エアカーは週末の行楽客や恋人たちが楽しめる新名所になる」と話している。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年05月27日 13:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
済州で放流のウミガメ ベトナム定着
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
新規コロナ感染者3日ぶり400人越
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]