韓国旅行「コネスト」 政府、自転車インフラ改善に192億ウォンを投入。韓国の政治ニュース
KONEST

政府、自転車インフラ改善に192億ウォンを投入

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
自転車の利用拡大に向けたインフラの改善事業に、192億ウォン(約15億円)が投入される。

この財源を土台に、全国12の地域には自転車道路を実験的に造成し、自転車利用者のデータベース(DB)も構築する。行政安全部は20日、「希望勤労プロジェクト」(来月1日から施行)の参加者のうち、1万400人(1日ベース)を▽自転車インフラの改善▽白頭大幹(ベクドゥデガン、韓国全域)の保護▽町の庭づくり▽工場進入路の拡張・舗装−−の「4大ランドマーク事業」に活用する計画だと明らかにした。

4大事業には997億ウォンが注入される。希望勤労プロジェクトは、計1兆7000億ウォンにのぼる予算をかけ、低所得層の失業者や廃業による失業者ら25万人(1日ベース)に、6カ月にわたって働き口を提供する事業だ。

自転車インフラの改善に投入される1日3200人は▽放置された自転車の処理▽自転車道路の管理−−を行うことになる。このため、全国に381の中央処理センターが設置される。全国を自転車道路で結ぶため、12のモデル地域に、それぞれ5キロメートル前後の自転車道路も建設する。政府は、全国の自転車保有現況と利用実態を調べたDBをもとに、自転車政策を打ち立てる計画だ。

国土海洋部(国土部)と韓国水資源公社(水公)はこの日、京仁(ソウル・仁川)アラ船路(運河)南北の堤防に、全長36キロメートルの自転車道路を作る方針を決めたと明らかにした。国土部と水公は自転車道路の大半を、堤防の中間に、遊歩道とともに設ける案を検討中だ。堤防を2−3段にした後、中間層に自転車道路と遊歩道を設ける方式だ。自動車が通る道路は、堤防の最上層の外側に設けられる。水公によると、自転車と歩行者が利用する堤防の中間層の幅は約4~8メートル。一部区間は遊歩道と自転車道路の間に木を植えて分離する。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年05月21日 10:18
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
新規コロナ感染者数406人
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]