韓国旅行「コネスト」 盧大統領の訪朝専用車“ベンツかBMWか?”。韓国の政治ニュース
KONEST

盧大統領の訪朝専用車“ベンツかBMWか?”

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が28日から行われる第2回南北首脳会談時、専用車に乗って北朝鮮の地を走ることになった。分断62年ぶりのことだ。それだけにどんな車を利用するのか注目が集まっている。

現在、盧大統領は米国フォード社のリンカーンコンチネンタル、ドイツBMW社の最高級モデルである760LIとメルセデスベンツS600、現代エクウスを儀典車として利用するものといわれている。青瓦台関係者は15日「世界各国は警護の安全上、国家元首たちが乗る乗用車には防弾車を利用している」とし「我が国に防弾車生産能力がないため、仕方なく外製車に乗っている」と説明した。青瓦台が保有する防弾乗用車はBMW760LIとベンツS6002つだという。該当の自動車メーカーも盧大統領の選択に期待をかけている。

2000年、首脳会談当時金大中(キム・デジュン)前大統領は北側が提供した旧型リンカーンコンチネンタルリムジンを利用した。

今度の訪朝には盧大統領が行けば、専用車のほかにもこれを護衛する数台の警護車が動く。「北側が大統領専用車に我々の警護車まで随行することにしたことは儀典上、相当な配慮をしたもの」とある当局者は説明した。特に訪朝期間、大統領専用車の助手席に我々側の警護員を配置するようにしたことは珍しいことである。世界各国は首脳が国外訪問をするとき、相対国に車の警護を預けるのが慣例だからだ。相対国に対する信頼を表明する意味も敷かれている。

しかし2005年11月、釜山(プサン)で行われたアジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議でブッシュ米国大統領とブラジミールプーチンロシア大統領は自国から直接空輸してきた専用車を利用した。当時「安全を保障するため」という理由を掲げたという話だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年08月16日 09:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ITZY 新曲の英語バージョン発売
CNBLUEヨンファ ファンミ開催
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
BTS米音楽賞で新曲ステージ初披露
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]