韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>ウォンビン「この作品で俳優人生の第2ラウンド」。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>ウォンビン「この作品で俳優人生の第2ラウンド」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【仏カンヌ17日聯合ニュース】俳優ウォンビンが主演映画「母なる証明」について、「これまでが俳優人生の第1ラウンドだったとしたら、『母なる証明』で第2ラウンドが始まった」と、自分にとっての作品の意味を語った。
 第62回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に招待された同作品で映画祭を訪れたウォンビンは17日、現地でインタビューに応じた。「母なる証明」は前作「マイ・ブラザー」から5年ぶりの復帰作。彼は「演技に対する欲もあるし、終わりのない作業だからこそ魅力的。だから、わたしのすべてをかけることができる」と、演じることへの愛着と熱意を示した。

 「母なる証明」では、殺人事件の容疑者にされるドジュン役を演じた。息子を溺愛する母親(キム・ヘジャ)に自ら犯人探しをさせることになる。ドジュンは純粋でおめでたいところがあるが、時折別人のように目を鋭く光らせる瞬間もある複雑な人物だ。そのキャラクターについて、外面的、内面的に2つの姿を持とうと努めたという。キャストに対しては監督が一番よく分かっていると考え、シナリオに忠実であろうとした。心配なのは、足りないところのある人物は観客に拒まれやすいという点だった。どのようにすれば拒否反応なく歩み寄ることができるのか、ドジュンの純粋さについて深く考えた。「純粋さとは何か悩み、自分自身の過去も振り返ったり1人でいてみたりと、いろいろ試みたが、その回答は台本から見つけた」。

 16日にはカンヌのレッドカーペットを踏んだ。良い作品で大きな映画祭に出席できて気分が良く、その瞬間を共演者や監督とともにでき喜びもひとしおだったと語った。

 カンヌで作品が紹介されたことについては、韓国的な母親が登場する映画を外国の観客がどのように見るかが気になったようだ。それでも「世の母親はみな同じ気持ちだと考え、見る人も母親という存在に共感してくれるものと信じる」と言い切った。

 映画は母と息子の関係がすべてといえるだけに、キム・ヘジャとウォンビンの呼吸が重要だった。キム・ヘジャとは初めて会った瞬間に、「オンマ(母さん)」だと感じた。その目から澄みきった純粋な魂が感じられ、彼個人としても気持ちを楽にして近づいていけた。作品の間中、息子のように接してもらい、ドジュンを愛してもらった。撮影中もオンマと呼んでいたが、撮影が終わってもキム・ヘジャは「オンマ」だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年05月18日 15:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]