韓国旅行「コネスト」 今年上半期の新生児、5.1%増…“双春年効果”か。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

今年上半期の新生児、5.1%増…“双春年効果”か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
赤ちゃんの産声が多く聞かれるようになった。

新生児数が最近15カ月連続増えているのだ。特に今年上半期に生まれた新生児は昨年同期間より5.1%増えた。

1990年代中盤から60万人台に落ち始めた新生児数はミレニアムベビーブームが起こった2000年に増加を見せるも、昨年初めまで減り続けてきた。学界では昨年結婚した新婚夫婦が多く、政府の低出産高齢化対策が部分的に効果を発揮したものだと分析している。

◆低出産の鎖、解かれるか=行政自治部住民登録ネットワークによれば今年の上半期に生まれた新生児数は23万8800余人と集計された。昨年同期間より1万1500余人多かった。2006年上半期には前年に比べて4457人増えた。行政自治部の住民登録付与時点を基準にした統計であり死亡や海外移住などは考慮されていない。

低出産高齢社会政策本部のキム・ヨンヒョン本部長は「前年同期間対比、新生児数が昨年4月から今年の6月まで15カ月間ずっと増加している」とし「同じような増加傾向が続けば今年の新生児数は昨年より2万3000人増えた46万8000余人になるものと見られる」とした。キム本部長は「2005年1.08から昨年1.13と、辛うじて増加傾向に変わった出産率合計を1.2までもあげることができる」と付け加えた。

◆双春年効果?=結婚すれば幸運が付くという双春年だった昨年、とりわけ多くの新婚夫婦が誕生した。結婚件数が2005年より5.2%も増えた。そのとき結婚した夫婦が今年の上半期に出産した可能性がある。

昨年、分娩件数が最も多かった第一(チェイル)病院では今年の上半期5604人の妊婦が診察を受けにきた。昨年より8.6%増えた水準だ。このうち2人目以上の子供を生む妊婦は前年より1.6%増えるのにとどまった。初産である妊婦はおおよそ7%も増加した。このうち少なくない数が2006年に結婚した夫婦である可能性があるという話だ。今年新生児が増えたことを双春年効果と見ることのできる事例だ。

したがって新生児増加が一時的現象である可能性もある。韓国保健社会研究員のイ・サムシク低出産政策チーム長は「出産率は◆妊娠可能な女性の数◆結婚が特別に多かった年なのか◆政策の変化がなかったか――などを考慮しなければならない」とし「1~2年の統計だけで大きな流れが変わったと見るのは早い」と指摘した。新生児が増えたのが双春年効果だと言っても出産率が急上昇すると期待するのは時期尚早だという分析だ。

福祉部の解釈は少し違う。福祉部は昨年から本格的に推進された“セロマジプラン2010(新しく迎える幸せな出産と老後)”など関連政策と国民の認識の変化などが少なくない影響を及ぼしたと分析する。キム本部長は「フランスなど外国のように新生児統計などをすぐに知らせることも出産奨励に役立つとみている」とし「今から専門家たちの助言をもらい、原因を正確に分析、政策に反映させる」と言った。

◆双春年=旧暦基準で1年に立春が2度ある年をいう。昨年は、旧暦で2006年1月29日から2007年2月17日まで。7月に閠月があって1年が385日になり、立春(陽暦基準2月4日)が2度入った。その年に結婚すれば、縁起が良いという俗説がある。

キム・ジョンス記者

キム・ウナ記者


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年08月15日 09:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]