韓国旅行「コネスト」 開城入居企業、契約無効宣言に困惑も「撤収不可能」。韓国の政治ニュース
KONEST

開城入居企業、契約無効宣言に困惑も「撤収不可能」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル15日聯合ニュース】北朝鮮が15日に開城工業団地の関連法規と契約の無効を一方的に宣言し、「撤収しても構わない」という最悪のカードを切るや、団地に入居する韓国企業は戸惑いながらも撤収は不可能だとの立場を示した。北朝鮮の宣言を「団地閉鎖の虚勢」と受け止め対策整備に奔走する一方、政府に南北実務会談の進展を求めている。
 北朝鮮の中央特区開発指導総局はこの日、開城工業団地の土地賃貸料や賃金・税金など既存契約の無効を宣言するとともに、新たに提示する条件を韓国側が無条件で受け入れる意思がない場合は団地から撤収しても構わないと明らかにした。

 これに対し、開城工業団地企業協議会のユ・チャングン副会長は、「撤収は不可能。北朝鮮は撤収による韓国側の経済的損失を承知しているためにそうした通告をした」と話した。北朝鮮と実務会談の議題が一致していないため問題が生じたとの見方を示し、会談の過程で議題を合わせるべきだと指摘している。これまで、北朝鮮が抑留している現代峨山社員の問題を実務会談の議題に含めるかどうかで南北の意見が分かれており、双方は開城工業団地既存合意の再交渉問題と団地懸案の協議に向けた実務会談の日程すら定められずにいた。

 一方、同協議会内部では「北朝鮮が有利な条件を引き出そうといつも試みる瀬戸際戦術」との見方もある。協議会は北朝鮮の一方的な要求を受け、近く緊急役員会議を開き対策を話し合う予定だ。

 開城工業団地事業施行者の韓国土地公社も戸惑いを隠せずにいる。同公社関係者は、北朝鮮の通告は事実上、団地を閉鎖するとの意思に受け取れるとし、「現状では何も言うことがない」ともどかしい思いをのぞかせた。土地公社は現代峨山とともに開城工業団地1段階事業を進め、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の2007年末には2段階事業に向け地質調査などを実施した。
 
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年05月15日 20:42
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]