韓国旅行「コネスト」 国内医院で最も収入の多い診療科目は「整形外科」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

国内医院で最も収入の多い診療科目は「整形外科」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル11日聯合ニュース】国内医院のうち、最も収入の多い診療科目は整形外科だとわかった。また、医師1人当たりの患者数が最も多い科目は耳鼻咽喉(いんこう)科だった。国民健康保険公団傘下の健康保険政策研究院が11日、「2008年医院級医療機関の外来診療費支給分析資料」を通じ明らかにした。
 医院1カ所当たりの年間外来診療費収入を診療科目別にみると、整形外科が4億7300万ウォン(約3764万円)で最高を記録。続いて、神経外科4億700万ウォン、リハビリ医学科3億9700万ウォン、内科3億7200万ウォン、耳鼻咽喉科3億5300万ウォンなどの順だった。

 医師1人が一日に診療する患者数は、耳鼻咽喉科が101人で最も多く、次いで整形外科(94人)、小児青少年科(85人)、神経外科(81人)など。昨年末現在、全国の医院数は4万6936カ所に達し、医師の数は5万4724人で医院1カ所当たり1.17人が勤務している。医院1カ所当たりの年間外来診療費収入は1億9000万ウォンで、このうち72.6%に達する1億3800万ウォンは健康保険が負担した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年05月11日 15:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]