韓国旅行「コネスト」 全州国際映画祭、観客7万人で過去最大を記録。韓国の芸能ニュース
KONEST

全州国際映画祭、観客7万人で過去最大を記録

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
第10回全州(チョンジュ)国際映画祭(JIFF)が「年輪に見合うほど成熟した」との評価を受けた。安定した運営を基に歴代で最も多い観客を集め、国際的な関心も大きく高まったことが示された。

先月30日から9日間にわたり開かれた全州国際映画祭は、有料観客7万762人を動員し、昨年の6万5209人より5000人以上多くの観客を集めた。特に連休が重なった今月1~3日には90%以上の上映作が売り切れるなど雰囲気が盛り上がり、292回の上映回数のうち170回が売り切れた。

1700席の大規模上映館の全北(チョンブク)大学三星文化会館は観客投票で1位となった「ブタがいた教室」をはじめ、「バーバー吉野」「グッバイ・ソロ」の3編が売り切れる記録を立てた。今回の映画祭は海外出品作510編で昨年の389編より100編以上増えた。

また外信記者も20人ほど多い121人が参加し国際的に注目を集める映画祭として踏み出す基盤を固めたと評価されている。

映画祭の審査委員長(韓国短編部門)を務めたロジェ・ゴナン氏(仏クレルモンフェラン国際短編映画祭ディレクター)は閉幕に先立ち開かれた記者会見で、「しっかりとした運営組織と多様な作品を尊重し意欲的に映画を見る観客が全州映画祭をとても独特なものにしている。映画祭を準備する立場からうらやましく嫉妬するほどだった」と称賛した。

しかし毎年指摘されている客席不足と宿泊施設不足は依然として解決すべき課題として残されている。観客が低価格で泊まれる「JIFFサランバン」を昨年の2倍規模の60室に増やしたが、外地からの観客を収容するにはまったくたりなかった。

閔丙緑(ミン・ビョンロク)執行委員長は、「宿泊施設が不足しより多くの客を招待できなかった点が残念だ。今後サランバンと上映館など施設を増やし、映画をより気軽に観覧できるようにするため努力したい」と話した。

一方、8日の閉幕式では最優秀賞にフィリピン出身のシェラド・アンソニー・サンチェス監督の「下水口」が選ばれた。韓国長編映画に送られるJJスター賞はイ・ソ監督の「尋ね人」が獲得した。観客評論家賞はシン・ドンイル監督の「バンドビー」が、最高人気賞は前田哲監督の「ブタがいた教室」だった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年05月11日 09:08
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]