韓国旅行「コネスト」 パク・シニャン「銭の戦争」ギャラめぐる訴訟で勝訴。韓国の芸能ニュース
KONEST

パク・シニャン「銭の戦争」ギャラめぐる訴訟で勝訴

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優のパク・シニャンが、「銭の戦争」で勝利した。

パク・シニャンは、07年に放送された民放・SBSテレビ(ソウル放送)のドラマ「銭の戦争」のギャランティの未払い分を受けるために、制作会社・イギムプロダクションを相手取って起こした約定金請求訴訟で勝訴した。

ソウル中央地裁・民事合意第42部(朴基柱部長判事)は同訴訟で、イギムプロダクションに「3億8060万ウォン(約3000万円)をパク・シニャンに支給せよ」という判決を下した。

パク・シニャンのギャラ請求訴訟は「1回当たり1億ウォン以上」という高額ギャラをめぐる議論を呼び、テレビ局など芸能界の注目を集めていた。パク・シニャンは「銭の戦争」に出演当時、1回=4500万ウォンで契約した。放送の延長が決まった後、「銭の戦争」のボーナスラウンドにあたる計4話分に対しては1回=1億5500万ウォン(オプション含む)で再契約した。

しかし、イギムプロダクション側は、撮影に臨むパク・シニャンの態度などを理由に、延長分のギャラのうち3億4100万ウォンを支給しなかった。これに対し、パク・シニャンはプロデューサーの雇用費などを含め3億8060万ウォンにのぼる請求訴訟を起こした。イギムプロダクションもこれを受け、無理に高額を求めた点をあげ、ギャラ1億3000万ウォンの返還を求める訴訟で対抗した。

判決は「パク・シニャンのギャラが当初の3倍を上回る高額に策定されたとしても、契約の経緯や動機などから考えて、社会通念上の効力を否認するほどに公正性を失ったものとは見なしがたい」という判断を示している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年05月08日 10:59
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]