韓国旅行「コネスト」 子どもの事故死亡率、韓国はOECDで3位。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

子どもの事故死亡率、韓国はOECDで3位

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル6日聯合ニュース】韓国の子どもの事故死亡率が、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち3番目に高いことがわかった。
 統計庁が6日にOECD加盟国と比較して発表した報告書によると、韓国では子どもの事故死亡率は毎年減っているものの、2005年に人口10万人当たりの子どもの事故死亡率は平均8.7人で、OECD加盟国の中ではメキシコ(13.6人)、米国(9.2人)に続き3番目に高かった。加盟国は平均5.6人だった。韓国は1991年~1995年には平均25.6人でOECD加盟国で最も高く、これに比べると大幅に減少したものの、まだ危険水準だといえる。2007年の子どもの事故死亡率は平均6.7人だった。

 特に韓国の場合、子どもの事故死は自動車が主な原因で、安全運転関連基準確立が急がれているほか、社会的弱者層や貧困地域に対する集中的な安全施設拡充が必要だと指摘された。

 報告書によると、2005年に韓国の子どもの事故死亡原因は交通事故(42.7%)が最も多く、溺死(できし)(20.0%)、他殺(8.7%)順だった。OECD加盟国でも子どもの3大死亡事故原因は交通事故(39.6%)、溺死(14.9%)、他殺(9.7%)となっている。

 2005年から2007年まで韓国の子どもの平均死亡者数は666人で、男児が413人、女児が252人。発生場所は33.0%が学校・公共区域、24.7%が住居地だった。月別では8月が12.5%、5月が10.7%で高く、発生時間帯は午後6時が7.9%、曜日別では日曜日が16.3%で最も多かった。地域別にみると、全羅南道が人口10万人当たり12.4人で最も多く、慶尚北道と済州道も12.2人で高水準だった。大邱(5.1人)やソウル(5.3人)など広域市は死亡率が低かった。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年05月06日 17:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者614人
12日から施設内マスク常時着用義務
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
LINE ジスとキャラクター開発
5人以上の集まり禁止3週間延長
BTS MV再生9億回超4作目
ソウル市 月2で肉無し学校給食
韓国サッカー FIFA順位下がる
AZ製ワクチン 接種見合わせ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
「重版出来!」韓国版ヒロイン決まる
21.04.05
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]