韓国旅行「コネスト」 ソウル近郊の電池工場で火災 死者20人を超える=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル近郊の電池工場で火災 死者20人を超える=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国・ソウル近郊の京畿道華城市にある電池製造会社「アリセル」の工場で24日、火災が発生し、20人以上の死者が出たことが確認された。

火災発生後、従業員など21人と連絡が取れず、大惨事になる懸念が現実となった。

遺体の多くは建物2階の出火場所付近で見つかった。

◇死者20人超 さらに増える可能性も

火災は24日午前10時半ごろ、工場の2階で発生した。当初は死者1人、重症2人、軽症5人と発表されていた。

 消防当局によると、午後6時半現在、死傷者数は死亡22人、重傷2人、軽傷6人で、1人が行方不明となっている。死亡者22人のうち20人は外国人で、中国国籍が18人、ラオス国籍が1人、国籍不明者が1人だ。

遺体はすべて建物2階の出火場所と同じフロアで見つかった。

死亡者の身元はまだ確認されていない。遺体の損傷が激しく、身元判明のためにはDNA鑑定などが必要とみられる。

◇バッテリー1個で爆発的燃焼 消火活動が難航

消防当局は有害な化学物質のリチウムを取り扱っている工場での火災であることを考慮し、火災発生から約9分後の10時40分には非常時に発令する3段階の消火活動警報の最も低い1段階を発令し、10時54分ごろには、上から2番目の2段階を発令。消防隊員ら159人と消防車など63台が出動し、対応にあたった。

だが、リチウムバッテリー火災は一般的な方法では火を完全に消すことが難しく、火災発生の初期段階での消火活動が難航したという。消防当局の関係者は「工場内にあったバッテリーが連続して発火して急激に火が広がり、消火活動が難航した」と話した。

午後3時10分ごろにはほぼ鎮火され、救助隊を投じて捜索が開始された。

消防当局はバッテリー1個が爆発的に燃焼したという現場関係者の証言をもとに、火災の経緯を調べている。

火災発生時、同社では計102人が出勤し、出火した工場では67人が働いていた。1階に15人、2階に52人いたが、2階にいた人の多くが現場から避難することができなかったという。

また日雇いの労動者が含まれていたことから、火災発生当初に正確な人数が把握できず、安否不明者の数にずれが生じた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2024年06月24日 19:55
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
尹大統領支持率が3カ月半ぶり高水準
ENHYPENが米チャートイン
求職もしない大卒者 上半期過去最多
文体部蹴球代表監督選任過程の監査に
角野隼斗11月にソウルでリサイタル
BIGBANGのSOLソロコン開催
韓日中の大学生が「外交キャンプ」
世界的システム障害 韓国でも影響
韓国イースター 仁川―沖縄線を就航
BTSジミン 「MUSE」リリース
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
俳優ピョン・ウソク「過剰警護」炎上
24.07.16
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
パリ五輪選手団の公式服装を嘲弄
24.07.19
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]