韓国旅行「コネスト」 「8年前慶州余震は今でも発生」…扶安余震どれくらい続くか=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「8年前慶州余震は今でも発生」…扶安余震どれくらい続くか=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
12日午前8時26分、全羅北道扶安郡(チョルラブクト・プアングン)で発生したマグニチュード(M)4.8の地震以降、13日現在まで17回の余震が発生した。最大規模は3.1だ。韓国気象庁は今回の地震による余震が1カ月以上続くと予想している。気象庁のパク・スンチョン地震火山研究科長は「比較的扶安に近い忠清北道(チュンチョンブクド)の槐山(クェサン)地震(2022年)はM4.1で余震が20日ほど続いた点を考慮すれば、今回の余震も少なくとも1カ月以上続く可能性が高いとみている」と話した。

これよりも余震が長期化する場合もある。延世(ヨンセ)大地球システム科学科のホン・テギョン教授も「国内の地震記録に基づくと、少なくとも1カ月から1年まで余震が発生する場合がある」と予想した。

余震は地震(本震)後に現れる小規模な地震を指す。地震は地殻が移動する過程で断層が臨界点以上の応力(ストレス)を受ければ発生するが、一度の地震で解消されるほど移動することができないため断層のさまざまな場所で余震が発生する。断層の大きさ、応力の強さ、断層の構成や断層面の様子などにより余震期間や規模も変わる。高麗(コリョ)大地球環境科学科のキム・ソンリョン教授は「断層面がきれいな四角の面で一度に動くなら余震はないかもしれないが、一部は大きく動いて一部はそれほど動かなかった部分があるので残りが少しずつ移動していく過程で余震が発生する」と説明した。

全北地域は断層の調査が活発ではなかったことから、今後扶安地震の余震予想も難しい状態だ。ホン・テギョン教授は「どの断層がどのくらいの応力を受けて現れたのか確認されていないため、余震の最大規模を予測することができない状態」と話した。その一方で「幸いなことは、余震が弱まる傾向にあるということ」としながら「現在のところ、大規模な断層が大きな応力を受けている状態とはみられない」と付け加えた。気象庁によると、最後の余震が観測されたのは前日午後5時52分(M1.2)だった。

◇断層把握に限界…正確に把握できない余震

学界では余震予測は容易ではないと口をそろえた。現代の技術では数億~数十億年かけて形成された地殻の断層を把握するためには限界があり、断層によって期間や頻度、規模がどれも異なるためだ。

2017年11月15日に発生した浦項(ポハン)地震(M5.4)は翌年5月までに大小615回の余震があった。反面、2007年1月20日に江原平昌郡(カンウォン・ピョンチャングン)の五台山(オデサン)で発生したM4.8地震は今回の扶安地震と規模も同じで各地で揺れが感じられるほど振動が強かったが、人が意識できないほどの小規模な余震が2日間で4回起きたことが記録に残っている。

どこまでが余震なのか定義するのも難しい場合がある。パク・スンチョン課長は「慶州では今でも微小地震(M2.0以下)が発生しているが、学界での定義によって、これもまた2016年慶州大震災の余震とみることができる」とし「そのようにみる場合、余震が8年間続く格好」と説明した。

後に来る地震が先の地震よりも規模が小さいという保障もない。慶州地震は2016年9月12日M5.1の大きな地震が発生してから1時間も過ぎないうちにM5.8の地震が発生した。M5.8は韓国国内の計器観測史上、最も大きな地震だった。このような場合、後から来た地震は余震ではない本震になり、その前の地震は前震となる。その後はM2水準の余震が起き、7日後に突然M4.5の強い余震が発生してもいる。これによって慶北と全北まで住宅に亀裂が入ったり塀が破損したりする被害が発生した。

◇「綿密な余震調査で断層面の研究を」

一方で、余震が断層調査の根拠になるだろうという声盛り、この点は肯定的な便りだ。関係機関と学界は扶安地震直後、現場に地震計を設置して断層調査を始めた。キム・ソンリョン教授は「韓国はこれまで余震や微小地震に対する関心が低いほうだったが、これらを研究してまだ知られていない断層面を把握するのに積極的に活用しなければならない」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2024年06月14日 11:03
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
尹大統領支持率が3カ月半ぶり高水準
ENHYPENが米チャートイン
求職もしない大卒者 上半期過去最多
文体部蹴球代表監督選任過程の監査に
角野隼斗11月にソウルでリサイタル
BIGBANGのSOLソロコン開催
韓日中の大学生が「外交キャンプ」
世界的システム障害 韓国でも影響
韓国イースター 仁川―沖縄線を就航
BTSジミン 「MUSE」リリース
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
俳優ピョン・ウソク「過剰警護」炎上
24.07.16
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
パリ五輪選手団の公式服装を嘲弄
24.07.19
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]