韓国旅行「コネスト」 現代自動車の水素電気トラック「エクシエント」、累積走行距離1000万キロメートル突破。韓国の経済ニュース
KONEST

現代自動車の水素電気トラック「エクシエント」、累積走行距離1000万キロメートル突破

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
現代(ヒョンデ)自動車は12日、スイスで運行中の水素電気トラック「エクシエント」の累積走行距離が1000万キロメートルを突破したと明らかにした。2020年10月にスイスで初めて運行を始めてから3年8カ月で達成した成果だ。現代自動車は「世界最高水準の水素燃料電池技術力と信頼性を立証したもの」と評価した。

エクシエントは世界初の量産型大型水素トラックで、スイスで48台が運行中だ。2個の水素燃料電池を搭載したエクシエントは180キロワット級水素燃料電池システムと最大出力350キロワット級駆動モーターを備え、1回の充電時最大400キロメートルを走行できる。

エクシエントは通常使われるディーゼル商用トラックと違い、走行中に二酸化炭素ではなく水だけ排出する。水素燃料電池は水素が酸素と化学反応を起こして電気を生産するためだ。

ディーゼル商用トラックは1000万キロメートルの走行で約6300トンの二酸化炭素を排出するが、エクシエントはそれだけの炭素を削減したことになる。現代自動車は「6300トンは樹齢30年の松の木約70万株が年間に吸収する炭素量で、508万立方メートルの松の森を作る効果。スイスで運行するエクシエントは生産過程で炭素が発生しないグリーン水素だけを燃料に使って脱炭素生態系構築に寄与している」と説明した。現代自動車は水素消費量と燃料電池性能などの走行データを活用して水素燃料電池改善に出る計画だ。

現代自動車は1月のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で水素の生産、運送、貯蔵、活用を合わせた水素バリューチェーン拡張計画を発表した。現代自動車の張在勲(チャン・ジェフン)社長はCESで「現代自動車の技術的進歩は人類の暮らしをさらに豊かにさせるだろう」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2024年06月13日 10:17
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
現代自動車EVバス 屋久島で運行へ
中国製の偽ブランド、韓国で大量摘発
赤十字マーク衣装で物議 事務所謝罪
またもや芸能人「行き過ぎ警護」謝罪
ブルダック麺 1カ月でリコール撤回
孫興ミン 27日ヴィッセル神戸戦へ
襄陽空港 3便から病原菌検出=韓国
韓国首都圏 きょうも出勤途中水爆弾
韓国プロ野球 日本ハムと業務協約
韓国与党=誹謗合戦で投票率は低下
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
パリ五輪選手団の公式服装を嘲弄
24.07.19
雨が降ったら駐車場に滝=韓国
24.07.19
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]