韓国旅行「コネスト」 「少女時代ユナもやられた」女性警護員の行動…カンヌ映画祭で人種差別論争。韓国の芸能ニュース
KONEST

「少女時代ユナもやられた」女性警護員の行動…カンヌ映画祭で人種差別論争

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
第77回カンヌ国際映画祭レッドカーペットに出席した歌手で女優のユナが女性警護員から人種差別を受けたという疑惑が浮上した。

19日(現地時間)、第77回カンヌ国際映画祭に招待されてレッドカーペットを踏んだユナは、ピンク色のドレスを着て登場して外信の集中的な注目を集めてグローバル・パワーを立証した。

このような中、ポーズを取ろうとするユナを女性警護員が遮って立つ映像がネット上に広まって論争になった。映像の中のユナは取材陣カメラを眺めて手で挨拶をしているが、これを見た女性警護員が腕で遮って早く中に入るよう促す。

女性警護員の行動が人種差別論争につながったのは、該当警護員が有色人種のスターに限って早く入場するように催促したことが分かったためだ。

26日(現地時間)、インド日刊紙のヒンドゥスタン・タイムズはカンヌ映画祭レッドカーペット警護を担当した女性警護員がアフリカ系米国歌手であるケリー・ローランド、ドミニカ共和国出身女優マシエル・タヴェラスに続いて、ユナに対して人種差別的な待遇をして、激しい批判に直面したと報じた。

メディアは「ユナは表には出さなかったものの、表情は不快そうだった。ユナは反応しないで静かに耐えて中に入った」と当時の状況を説明した。

議論になった女性警護員は白人俳優たちがレッドカーペットに立った時は写真撮影を邪魔しなかった。だが、有色人種であるローランドとタヴェラス、ユナには早く会場に入るように促し、腕で彼らの上半身を阻んで写真撮影を妨害した。

これに対してローランドは該当警護員に自身の身体に触れないように警告し、タヴェラスは警護員の肩を押し退けて怒りをあらわにした。

動画を見たネットユーザーは「本当に無礼だ」「1回や2回でもないのに、あの警護員をずっと使う理由は何?」「有色人種だけ遮って立つ行動、あきれる」「本当に白人俳優は何も妨害しない」などの反応を寄せた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2024年05月28日 09:01
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
光化門広場に国家象徴空間造成へ
韓国与党内で「核武装論」浮上
釜山モビリティーショーが28日開幕
韓服と現代の洒落を融合 新しい韓国
ジェジュンが7年ぶりドラマ出演
NewJeans 東京でファンミ
半導体復活の日本とどう手を組むか…
NewJeans 刃物切りつけ予告
北朝鮮 再び韓国へ「汚物風船」散布
電池工場で火災 死者20人を超える
週間アクセスランキング
マックフライドポテト販売を一時中断
24.06.20
日本人女性雇用、売春斡旋犯人を拘束
24.06.20
パク・セリ父問題 孫興慜父に再照明
24.06.20
キム・ウビン、シン・ミナがデート
24.06.19
韓日往来の観光客数が歴代最多を記録
24.06.21
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]