韓国旅行「コネスト」 金英賢・池仁珍、来週にもK−1と契約。韓国のスポーツニュース
KONEST

金英賢・池仁珍、来週にもK−1と契約

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
民俗シルム(韓国相撲)天下壮士(チャンピオン)出身の金英賢(キム・ヨンヒョン、31)とプロボクシング世界チャンピオンの池仁珍(チ・インジン、34)が来週、K−1と契約する見通しだ。

K−1主催社FEG韓国支社のヤン・ミョンギュ・プロモーターは10日、「金英賢、池仁珍と来週中に契約を締結する予定」とし「すでに大筋で合意し、あとは細部条件を調整すればよい」と明らかにした。

金英賢は総合格闘技進出を控えて4月から本格的な練習を開始、世界ボクシング評議会(WBC)フェザー級チャンピオンだった池仁珍もK−1進出のため最近、韓国ボクシング委員会(KBC)にタイトル返還書類を提出し、現役引退を宣言した。

ヤン・プロモーターはまず金英賢について「K−1のほうも有名ヘビー級格闘技選手に劣らない待遇をしてくれるだろう。 契約期間は2−3年で、年間3試合以上を行うことになる」と語った。

金英賢の契約金は公開されなかったが、崔洪万(チェ・ホンマン、27)が04年K−1にデビューした当時の契約を上回る条件が約束されているという。 崔洪万は当時2年契約で約7億ウォンだった。

金英賢の代理人コン・ソンテク氏も「来週にもK−1と契約を終え、タイ合宿へ向かう。 契約期間と金額、試合回数については合意した。 細部オプションに関する調整だけが残っている」と説明し、金英賢のK−1進出を確認した。

金英賢がK−1に進出すれば、総合格闘技に転向したシルム出身選手は崔洪万、李太鉉(イ・テヒョン、31)、金東旭(キム・ドンウク、30)、キム・キョンソク(25)、シン・ヒョンピョ(29)に次いで6人目となる。

K−1側はまた、池仁珍が世界チャンピオンである点を勘案、昨年2月の世界ボクシング協会(WBA)元スーパーフェザー級チャンピオン崔竜洙(チェ・ヨンス、35)がK−1舞台に進出した当時以上の条件を提示する計画だ。 池仁珍も金英賢と同じく2−3年契約期間に1年・3回以上のK−1マックス大会に出場する条件で合意したことが伝えられた。崔竜洙は総合格闘技に進出した際、K−1と3年・10億ウォンで契約している。




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年08月11日 11:07
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]