韓国旅行「コネスト」 「ゴムのように伸び縮みさせても無線通信」…韓国が世界初の「電子皮膚」開発。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「ゴムのように伸び縮みさせても無線通信」…韓国が世界初の「電子皮膚」開発

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国科学技術情報通信部は23日、漢陽(ハニャン)大学のチョン・イェファン教授とユ・ヒョンソク教授の共同研究チームが世界で初めてゴムのように形を変えても無線通信の性能を維持する電子皮膚を開発するのに成功したと明らかにした。

今回の研究は科学技術部の基礎研究事業(優秀新進研究)などの支援を受けて進められた。研究成果は国際学術誌「ネイチャー」に掲載された。

電子皮膚は固い電子素子を柔軟にさせて人の肌に貼り付けると人体の信号を測定できる技術だ。

電子皮膚技術を基盤としたウェアラブル(着用型)機器は医療と健康管理など多様な分野で活発に使われている。ウェアラブル機器がまともに動作するためには伸縮性を持つ無線周波数(RF)素子と回路が必須だ。

だが無線周波数回路は高周波で動作するという特性上、わずかでも伸ばしたり曲げたりするだけで作動周波数帯域が変わり、通信が途切れたり電力送受信効率が急激に低下するという限界があった。

したがって皮膚の表面のように物理的に変化する環境でその機能を発揮するには、伸縮性を持たせてどんな条件でも無線通信性能を維持する技術の開発が必要だ。物理的な変形にも無線通信性能が維持されるには、変形した際の大きさに合わせて回路基板の電気的特性も変わらなければならない。

研究チームはこうした限界を克服するために新しい回路基板を開発した。研究チームは伸縮性を持つゴム材質の基板にセラミックナノ粒子を混合し、ナノ粒子がまとまって組み立てられる工程を通じて無線通信性能を維持する基板の開発に成功した。世界最初の技術だ。

研究チームはこれを応用してこれまで実現できなかった90メートル以上の長距離でも無線で通信が可能な電子皮膚も開発した。開発された電子皮膚は脳波、体の動き、皮膚温度、筋肉信号など人体から出る信号を遠距離でも無線で正確に測定する可能性があることを確認した。

チョン教授は「今回開発した伸縮性ウェアラブル無線通信技術は、無線機能が必要な多様な伸縮性システムに使うことができる。次世代通信技術である6G移動通信機能を搭載した伸縮性無線ウェアラブル機器の開発にも着手した」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2024年05月23日 11:07
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
光化門広場に国家象徴空間造成へ
韓国与党内で「核武装論」浮上
釜山モビリティーショーが28日開幕
韓服と現代の洒落を融合 新しい韓国
ジェジュンが7年ぶりドラマ出演
NewJeans 東京でファンミ
半導体復活の日本とどう手を組むか…
NewJeans 刃物切りつけ予告
北朝鮮 再び韓国へ「汚物風船」散布
電池工場で火災 死者20人を超える
週間アクセスランキング
マックフライドポテト販売を一時中断
24.06.20
日本人女性雇用、売春斡旋犯人を拘束
24.06.20
パク・セリ父問題 孫興慜父に再照明
24.06.20
韓日往来の観光客数が歴代最多を記録
24.06.21
キム・ウビン、シン・ミナがデート
24.06.19
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]