韓国旅行「コネスト」 パン・シヒョク氏、嘆願書で沈黙破る 「ミン・ヒジン氏、悪意でシステム毀損はいけない」。韓国の芸能ニュース
KONEST

パン・シヒョク氏、嘆願書で沈黙破る 「ミン・ヒジン氏、悪意でシステム毀損はいけない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
総合エンターテインメント企業HYBE(ハイブ)のパン・シヒョク議長が傘下レーベルADOR(アドア)のミン・ヒジン代表の経営権奪取疑惑に関連して初めて立場を表した。パン議長は「一人の悪意による行動がシステムを毀損することがあってならない」と主張した。

HYBE側の法律代理人は17日、ソウル中央地裁の審理で行われた議決権行使禁止仮処分申請尋問期日でパン議長が作成した嘆願書を一部抜粋して公開した。

パン議長は嘆願書で「ミン・ヒジン氏の行動に対し、マルチレーベルの問題点が表れたという意見もあることを知っている」とし「いくら精巧なシステムも徹底した契約も人間の悪意を完全に防ぐことはできない」と指摘した。

そして「一人の悪意による行動が、多くの人が長い時間をかけて築いたシステムを毀損することはあってはならない」とし「そしてそれが個人の悪意と悪行が社会制度と秩序を崩さないよう防ぐ我々の社会システムの底力」と強調した。

パン議長は「本事件をより良い創作環境とシステムの構築という企業家的使命に加え、K-POP産業全体の正しい規則制定と先例の確立という悲壮かつ切迫した観点で眺めている」とし「産業のリーダーとして信念を持って死力を尽くし、事態の矯正のために努力している」と説明した。

続いて「娯楽を伝達すべきエンターテインメント会社が今回の件で社会の多くの構成員と大衆に心配をかけた点について深くお詫びし、どうかこうした誠意が伝わって裁判所が今回の仮処分申請の棄却という賢明な判断を下すことを願う」と付け加えた。

この日、双方はHYBEの株主総会議決権行使をめぐる法理争いのほか、ミン・ヒジン代表の「巫俗経営」疑惑とILLIT(アイリット)のNewJeans盗作疑惑などをめぐる感情的な争いもした。

これに先立ちミン代表は31日に予定されたADOR臨時株主総会でADOR株80%を保有するHYBEがミン代表解任案に議決権を行使できないようにしてほしいとして裁判所に仮処分申請をした。

仮処分申請が棄却されればミン代表の解任は確実視される状況であり、裁判所は臨時株主総会の前に結論を出すとみられる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2024年05月18日 16:39
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
光化門広場に国家象徴空間造成へ
韓国与党内で「核武装論」浮上
釜山モビリティーショーが28日開幕
韓服と現代の洒落を融合 新しい韓国
ジェジュンが7年ぶりドラマ出演
NewJeans 東京でファンミ
半導体復活の日本とどう手を組むか…
NewJeans 刃物切りつけ予告
北朝鮮 再び韓国へ「汚物風船」散布
電池工場で火災 死者20人を超える
週間アクセスランキング
マックフライドポテト販売を一時中断
24.06.20
日本人女性雇用、売春斡旋犯人を拘束
24.06.20
パク・セリ父問題 孫興慜父に再照明
24.06.20
キム・ウビン、シン・ミナがデート
24.06.19
韓日往来の観光客数が歴代最多を記録
24.06.21
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]