韓国旅行「コネスト」 「病気でもショーをしないと」 韓国水族館の若いイルカ「ノバ」、結局4日後に死亡。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「病気でもショーをしないと」 韓国水族館の若いイルカ「ノバ」、結局4日後に死亡

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
今年2月、韓国南部にある巨済(コジェ)シーワールドで死んだハンドウイルカ「ノバ」が死ぬ直前まで薬を飲んで強制的にショーに投入されていたという疑惑が提起された。

17日、動物団体「ホットピンクドルフィンズ」とソンミ山学校の生徒、尹美香(ユン・ミヒャン)無所属議員は国会で巨済シーワールドを糾弾する記者会見を開催した。

ホットピンクドルフィンズによると、病気のイルカ「ノバ」は死ぬわずか4日前の2月24日まで巨済シーワールドのショーに投入された。

ノバは2月いっぱい腸疾患に苦しめられ、時には異常行動を見せてショーを拒否したこともあるが、休むことなくショーに姿を見せていた。だが、最後にショーに投入されてから4日後の2月28日に結局死んだという。

ノバの死因は腸捻転によるショックだ。ハンドウイルカの寿命は約30年だが、ノバは比較的若い14歳で死んだ。

ノバの他に巨済シーワールドの別のイルカ「ジュライ」も2月25日に死んだ。ジュライもノバと同じようにまだ若い18歳で死んだ。

ジュライの死因は産生大腸菌性敗血症だが、動物団体はジュライもノバと同じく動物虐待を受けていたと主張している。ホットピンクドルフィンズによると、現在までで巨済シーワールドで最期を迎えたイルカの数は計14頭だ。

◇動物団体「営業中断・水族館許可の取り消しを」

動物団体は今回の事件に対して「治療中の病気のイルカまでショーに投じて死に至らしめた」としながら「尹美香議員室を通じて入手した2頭の死亡イルカの解剖検査所見書と義務記録簿およびイルカショー投入日誌でこのような主張が事実であることが分かった」と繰り返し主張した。

海洋水産部のノバ解剖検査所見書によると、ノバは死ぬ前に水槽内部に突っ込んでくちばしの先に裂傷をつくった。動物団体ではノバがストレスによって水槽に頭を打ちつける異常行動をしたと主張している。

そのうえノバは昨年12月から下痢や泡の便など大腸疾患に苦しんでいた。2月には嘔吐、下痢などが重なり、獣医師の投薬処置を受けたが十分に回復しないままショーに出なければならなかったと動物団体は主張した。

この日の記者会見でホットピンクドルフィンズのチョ・ヤッゴル代表は「2月ハンドウイルカの死は巨済シーワールドの動物虐待による致死が明らかだ」とし「行政措置権限を持つ慶尚南道庁は即時営業中断と水族館許可の取り消し措置を取らなければならない」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2024年04月18日 08:41
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国でグローカル未来教育博覧会開幕
ブルピン リサが着たドレスの正体
30年後、韓国人口4627万人に
サムスン電子労組がストライキを宣言
ジンエアー7月に仁川~高松線就航
世宗学堂の韓国語学習アプリ無料配布
ヒョナに海外ネット民の悪質コメント
Kトロットアイドルに魅了される日本
RMの2ndアルバムが海外で高評価
「川の上に世界初」漢江ホテル開館へ
週間アクセスランキング
日本人気バンドが7月にソウル公演
24.05.25
パク・ソジュンの熱愛説に事務所説明
24.05.24
歌手パク・ボラムさんの死因が判明
24.05.23
BTSのJIN あと20日で除隊へ
24.05.23
「少女時代ユナもやられた」人種差別
24.05.28
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]