韓国旅行「コネスト」 ソウルの防犯需要多いところに派出所復活を検討。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ソウルの防犯需要多いところに派出所復活を検討

ソウルの防犯需要多いところに派出所復活を検討

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル市内に派出所が部分的に再度設置される見通しだ。ソウル地方警察庁関係者は14日、「地域の治安を強化するため6月から防犯需要が多いところで治安センターの建物を改修・補修して派出所として運営することを検討している」と明らかにした。これに先立ちソウル警察庁は先月9日から、事実上放置されていた市内253カ所の治安センターに常勤人材を配置している。警察庁は2003年10月に「効率的人材配置」を掲げ、派出所の統廃合を実施した。全国2944カ所の派出所は863カ所の地区隊として統合された。地理的に統合が難しい187の派出所は残った。しかし派出所は地方を中心に再度増え始めており、今年2月現在581カ所に上っている。治安センターや地区隊とは距離があるため治安需要をまかないきれないためだ。現在ソウル市内にある派出所は10カ所程度だ。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年04月15日 08:57
コネスト関連記事
  • 派出所の復活… 5年で3倍に
  • 旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪・病気・事故)
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 国内大学が外国人留学生誘致に注力、釜山で説明会
  • 【写真】ソウル広場に登場した壮厳灯
  • 介護ヘルパー研修生300人日本に派遣…釜山
  • 小島で芸術事業推進、ベネッセ福武總一郎会長が訪韓
  • 国民の10人に9人「老後の扶養、子に期待しない」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    朴前大統領弾劾後35億ウォン使用か
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    不法滞在の外国人4カ月連続増
    朴槿恵氏公判の傍聴券を求め
    拡張現実技術をがん手術に応用
    「上官が性的暴行」女性大尉が自殺
    DIAジュウン日本風の前髪が話題
    ウェブトゥーン・ロマコメ国境越える
    文大統領、異見を出すのは義務
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]