韓国旅行「コネスト」 医療現場の混乱続く 政府が「法的対応」本格化=患者ら「死闘」 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

医療現場の混乱続く 政府が「法的対応」本格化=患者ら「死闘」 

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国政府が医師不足解消のため打ち出した大学医学部の定員拡大方針を巡り医師らの反発が続く中、一斉に辞表を提出した専攻医(研修医)の職場復帰の動きはみられず、患者と残された医療陣の「死闘」はしばらく続く見通しだ。政府は専攻医に対し今月末までに復帰するよう求めており、3月からは復帰しない医師に対する免許停止処分や関連司法手続きを進める方針だ。

保健福祉部によると、26日午後7時現在、全国99の主要病院に勤務する専攻医(研修医)のうち80.6%に当たる9909人が退職届を出した。退職届はまだ受理されていない。

 職場を離脱した専攻医は72.7%の8939人と確認されている。

 政府は「3月からは(病院に)復帰しない医師に対する免許停止処分や関連司法手続きを進めることが不可避」とし、専攻医に対し今月末までに復帰するよう求めている。しかし、専攻医はこれに応じる動きをみせずにいる。

 27日には政府が医療法違反や業務妨害の疑いなどで大韓医師協会(医協)の幹部らを警察に告発しており、専攻医に対しても法的措置を取る可能性が高まった。

 政府はインターンとレジデントに対する「診療維持命令」も出している。

 正当な理由なしに病院との契約を更新しなかったり、レジデントに合格したにもかかわらず契約しなかったりして診療に参加しない行為を防ぐためだ。

 しかし、専攻医は復帰する動きをみせておらず、インターンとレジデントの離脱も続くとみられ、医療現場の混乱はしばらく続く見通しだ。

 そんな中、残された医療陣と患者は悲鳴を上げている。

 主要病院は外来診療と入院、手術などを5割ほど延期・縮小して対応している。緊急の手術や診療を優先していることから、患者の不安と不満は高まっている。また、医療現場では医師だけでなく、医師の役割を一部代わりに果たしている看護師の不満もくすぶる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2024年02月28日 05:00
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中東情勢緊迫化でウォン安進行
ILLITデビュー曲がビルボードに
日韓親善協会中央会 新会長に元議員
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
観光客を雇用して売春業 韓国人立件
尹大統領 総選挙敗北受け、立場表明
青瓦台ホームページ 日本語版も新設
「海苔ではなく金」海苔価格が急上昇
宮脇咲良 舞台の酷評について心境
釜山市が京都府と交流活性化を協議
BTSジョングク愛犬のインスタ開設
週間アクセスランキング
邦人YouTuber韓国でロト当選
24.04.10
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
24.04.16
aespaウィンター活動休止
24.04.12
尹大統領が総選挙敗北受け立場表明
24.04.12
NewJeansヘイン 活動休止
24.04.11
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]