韓国旅行「コネスト」 東方神起楽曲の有害媒体物決定取消判決、政府が控訴。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 東方神起楽曲の有害媒体物決定取消判決、政府が控訴

東方神起楽曲の有害媒体物決定取消判決、政府が控訴

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル9日聯合ニュース】保険福祉家族部の青少年保護委員会が、グループ東方神起の4枚目アルバムタイトル曲「呪文―MIROTIC―」の「青少年有害媒体物」決定を取り消すよう命じた裁判所の判決に控訴する方針を固めた。青少年保護委は9日に同部庁舎で臨時会議を開き、このアルバムが青少年に有害だとの立場に変わりないことを改めて確認し、控訴を決定した。
 昨年11月、同委員会は「呪文―MIROTIC―」に扇情的な歌詞が含まれているとし、有害媒体物決定を下したが、東方神起の所属事務所が処分取り消し訴訟を提起。ソウル行政裁判所は今月1日に所属事務所の訴えを支持する原告勝訴判決を下していた。

 青少年保護委員会はあわせて、アルバム審議業務を改善するため、青少年有害アルバムの1次審議を担当するアルバム審議委員会が音楽界の見解を取りまとめる案を講じるほか、業界に異議を唱える機会を与える再審制度を導入することにした。また「青少年有害アルバム審議事例集」を制作し、作詞家やアルバム制作者が活用できるようにする計画だ。





COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年04月10日 11:33
コネスト関連記事
  • 東方神起の「MIROTIC」、有害媒体でない…ソウル行政裁が判決
  • 韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • [芸能]SS501、全員そろって日本で本格活動
  • ダニエル・ヘニー「ブロックバスター出演は驚く経験」
  • 【写真】イ・ミンホ「悪い男」に大変身
  • 歌手Rain、衣類ブランドを海外に輸出
  • 期待作「コウモリ」「マザー」、ファッション誌で競争
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを公表
    韓国成人の年間コーヒー消費413杯
    SE7ENミュージカル俳優デビュー
    韓国人の半数以上、収入67%を支出
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    韓国産パプリカ 日本へ年1千トン
    韓国小説家の銅像 ロシアに設置
    朴前大統領、職業の問いに「無職」
    TWICE1年7ヶ月でミリオン達成
    U-20W杯、コリアンメッシが活躍
    週間アクセスランキング
    イ・サンウとキム・ソヨン前撮り...
    17.05.19
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    ソン・ジュンギ、億戸建てを購入
    17.05.18
    AOAソリョン完全無欠の名品脚線美
    17.05.19
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]