韓国旅行「コネスト」 サムスン電子の23年営業益85%減 半導体部門の赤字拡大。韓国の経済ニュース
KONEST

サムスン電子の23年営業益85%減 半導体部門の赤字拡大

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が31日発表した2023年通期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は6兆5670億ウォン(約7271億7000万円)で前年比84.9%減少した。売上高は同14.3%減の258兆9355億ウォンだった。純利益は同72.2%減の15兆4871億ウォン。

通期の営業利益が10兆ウォンを下回ったのは、リーマン・ショックに見舞われた08年(6兆319億ウォン)以来15年ぶり。

 23年10~12月期の営業利益は前年同期比34.4%減の2兆8247億ウォンで、韓国金融経済情報メディアの聯合インフォマックスが取りまとめた市場予想の3兆9207億ウォンを28.0%下回った。

 売上高は67兆7799億ウォン、純利益は6兆3448億ウォンだった。

 部門別にみると、半導体事業を担うデバイスソリューション(DS)部門は2兆1800億ウォンの営業損失を計上した。売上高は21兆6900億ウォン。

 半導体メモリーの減産効果が本格化して価格が下げ止まり、半導体事業の赤字幅は前四半期に比べ大幅に縮小した。ただ、1~9月の赤字を含めると年間の赤字額は14兆8700億ウォンに上る。DRAMは在庫が大幅に改善され、赤字に転落した1~3月期から3四半期ぶりに黒字転換を果たした。  

 デバイスエクスペリエンス(DX、モバイル・家電)部門は昨年10~12月期に営業利益2兆6200億ウォン、売上高39兆5500億ウォンとなった。 

 スマートフォン(スマホ)事業などを手掛けるモバイルエクスペリエンス(MX)部門は新モデルの発売効果が鈍化し、前四半期に比べ売上高と利益が減少した。

 テレビと家電事業は需要減により競争が激化し、業績が振るわなかった。

 昨年10~12月の設備投資額は16兆4000億ウォンで、このうち半導体が14兆9000億ウォン、サムスンディスプレー(SDC)が8000億ウォンとなっている。年間では前年と同じ53兆1000億ウォン。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2024年01月31日 10:21
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
豪雨被害の地域を特別災難地域に指定
NCT127のアルバムがきょう発売
ソウル飲食店の店内で喫煙の中国人
セブチのアルバム販売1千万枚超えか
NATURE出身のハルが手紙で謝罪
年収1100万円超の動画配信者増加
韓国LCC11時間遅延で集団訴訟へ
BTSジン パリで五輪聖火リレー
尹大統領の支持率がやや上昇
KARAギュリ骨折で活動中断
週間アクセスランキング
「ジェニーの室内喫煙」場面が議論に
24.07.09
行方不明の配達員が結局遺体で発見
24.07.12
「泥酔ベンツ女」イェソン懲役10年
24.07.09
ジェニーの屋内喫煙「ずっと謝った」
24.07.11
数百年に一度の豪雨が毎年発生
24.07.12
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]