韓国旅行「コネスト」 ソウルの公共施設耐震率100%へ、政府目標より5年繰り上げる。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウルの公共施設耐震率100%へ、政府目標より5年繰り上げる

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
最近日本の石川県で発生した最大震度7の地震を契機にソウル市が全方向的な地震防災対策を推進する。

ソウル市が8日に明らかにしたところによると、市はまず2465の公共施設の耐震率を2030年までに100%に引き上げる。耐震率は耐震設計基準を適用した施設などの割合だ。

◇202億ウォン投じ19カ所に耐震補強

これは韓国政府が目標に提示した2035年より5年繰り上げる計画だ。1日基準でソウル市の主要公共施設の耐震率は95.4%だ。道路・水道・下水処理施設・市立病院の耐震性能は100%確保した状況だが、都市鉄道は99.8%、公共建築物は89.7%、遊戯施設は22.5%など不十分なものもある。ソウル市は耐震性を確保できていない113の公共施設のうち今年19カ所を選定し耐震補強事業を始める。事業費は202億ウォン(約22億円)だ。

耐震性能をそこまで確保できていない民間建築物は制度を改善して耐震補強を誘導する。このため建築物耐震性能評価義務化対象を拡大し、建ぺい率や容積率の緩和などインセンティブ制度を強化する。ソウル市所在の民間建築物59万2320棟のうち11万9669棟は耐震性能が確保され耐震率は20.2%だ。総面積6億6000平方メートルのうち耐震性能を確保した建物の面積は66.4%の約4億4000平方メートルだ。

◇耐震補強督励に向け容積率インセンティブ

ソウル市は地震屋外避難場所1558カ所の管理状態も点検する。運動場1016カ所、公園489カ所、駐車場などその他53カ所だ。地震発生時の避難場所をいち早く認知し円滑に避難できるよう案内表示板設置の有無と管理台帳、維持管理状態などを確認する。

広津(クァンジン)、銅雀(トンジャク)、松坡(ソンパ)、陽川(ヤンチョン)、城北(ソンブク)の5区にある安全体験館では地震体験訓練プログラムを常時運営し、市庁、オリンピック大橋、一部区庁など26カ所に地震加速度計測器を設置する。地震により発生しうる連係災害類型対策も用意した。

大型火災、有害化学物流出に備えて現場措置の行動マニュアルを整備し、市民救助に向けた救助・救急・保健医療対策もまとめて地震被害に体系的に対応する。また、地震災害に備えた人命救助・救急対策も再点検することにした。

ソウル市のキム・ソンボ災害安全管理室長は「自然災害のうち地震は備えのレベルによって被害の大きさがかなり異なる。地震防災総合計画をしっかりと推進したい」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2024年01月09日 08:30
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
THEBOYZ 世界ツアー開催へ
ルセラ6月から日本初ファンミ開催へ
大統領執務室近くでの集会認める
BTSがオリコン令和ランキング1位
尹大統領が総選挙敗北受け立場表明
仁川空港国際線旅客数が前年1.5倍
aespaウィンター活動休止
「犯罪都市4」164カ国に販売
韓国3月の失業率3.0%
2042年には人口の6.9%が外国
週間アクセスランキング
ソン・ジュンギ 日本旅行の写真公開
24.04.09
俳優マ・ドンソクが5月に挙式
24.04.08
韓国有名魚市場の「ぼったくり」暴露
24.04.09
邦人YouTuber韓国でロト当選
24.04.10
セブンティーンの森 ソウルの公園に
24.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]