韓国旅行「コネスト」 国防部長官「北朝鮮の衛星、軌道進入失敗と把握」。韓国の政治ニュース
KONEST

国防部長官「北朝鮮の衛星、軌道進入失敗と把握」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル5日聯合ニュース】国防部の李相憙(イ・サンヒ)長官は5日、北朝鮮の長距離ロケット発射について、「いかなる物体も軌道に進入できなかったと判断している」と述べ、地球軌道への進入に失敗したことを強く示唆した。
 緊急招集された国会国防委員会全体会議に出席した李長官は、「これまでのところでは1~3段目がすべて海上に(弾着したか)墜落したものと判断する」「衛星が軌道進入に失敗したものと把握される」と述べた後、韓米間で引き続き追加分析を進めるとした。

 出席議員から弾着地点を確認したかを問われると、1段目の弾着地点は北朝鮮が設定した推進体落下危険地域に近かったとみられると答えた。しかし、2段目の弾着地点は1次判断としては危険地域に達しない地域、3段目の弾着地点についてはまだ確認できていないとした。

 これに関し当局のある高官は、推進体1~2段目の場合は北朝鮮が発表した通りの弾着地域に落ちたと承知しているが、3段目の衛星体が軌道に乗ったかどうかは確認に5日ほど要すると話している。政府筋も、米国では軌道に乗らなかったと見ていると伝えた。2段目ロケットも3段目の衛星を打ち上げられないほどに推進力を失ったとの見方だという。日本の防衛省が発表した2段目の距離が誤っている可能性もあるとした。

 北朝鮮のロケット発射状況をモニタリングしてきた米国の北米航空宇宙防衛司令部はウェブサイトに声明を出し、北朝鮮が発射したミサイルの1段目推進体は東海に、残りの推進体は発射体の先端部分とともに太平洋に墜落したと明らかにした。

 また李長官は、北朝鮮が近いうちに核実験を行う可能性について質問されると、北朝鮮は2006年10月に核実験を行った経験があり、戦略的な目的を持てばすることもあり得ると答えた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年04月05日 20:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者564人
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]