韓国旅行「コネスト」 1世帯当たり平均資産 住宅価格下落で初めて減少。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

1世帯当たり平均資産 住宅価格下落で初めて減少

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)と統計庁、金融監督院が7日発表した「家計金融福祉調査」結果によると、3月末時点で国内の1世帯当たりの資産残高は平均5億2727万ウォン(約5830万円)で1年前に比べ2045万ウォン(3.7%)減少した。住宅価格の下落が響き、2012年の統計開始以来、初めてマイナスに転じた。

◇1世帯当たりの純資産 前年比4.5%減

 3月末時点で1世帯当たりの負債残高は平均9186万ウォンだった。資産(5億2727万ウォン)から負債を差し引いた純資産は4億3540万ウォンで、前年比4.5%減少した。

 1世帯当たりの平均資産が今年減少したのは、住宅価格下落の影響が大きい。資産の内訳をみると、金融資産が1億2587万ウォンで前年比3.8%増加した一方、不動産などの実物資産は4億140万ウォンと5.9%減少した。中でも居住用住宅が10.0%目減りした。

 資産全体のうち実物資産が76.1%と多くを占めるが、今年は金融資産の割合が1.7ポイント拡大し23.9%となった。

 資産を世帯主の年代別にみると、50代が6億452万ウォンで最も多く、40代(5億6122万ウォン)、60歳以上(5億4836万ウォン)、39歳以下(3億3615万ウォン)の順だった。世帯主の年代が高いほど、資産に占める実物資産の割合が大きい。

 世帯主が自営業者の世帯の資産は6億6432万ウォン、常用労働者世帯は5億6907万ウォン、無職・その他の世帯は4億6278万ウォン、臨時・日雇い労働者は2億3152万ウォンだった。

◇全世帯の62.1%に負債 金額は0.2%増

 3月時点の1世帯当たりの負債は9186万ウォンで、1年前から0.2%増加した。金融負債が1.6%減の6694万ウォン、賃貸保証金が5.3%増の2492万ウォンだった。

 負債がある世帯は全体の62.1%で、前年から1.3ポイント低下した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2023年12月07日 15:40
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
婚姻件数10年間で32万→19万件
BTSのVが15日に新曲リリース
ロッテ免税店「ニューエラ」オープン
TWICE新譜が米チャート1位に
研修医の職場離脱、法にのっとり措置
尹大統領の支持率2週連続4割超
マーティンキムの大阪PUSが大盛況
JHOPE新譜記念ポップアップ開催
Highlight 新譜を発売へ
韓国ウェブ漫画 日本でドラマ化
週間アクセスランキング
YGエンタ グラビア撮影中に事故
24.02.29
韓国ウェブ漫画 日本でドラマ化
24.03.02
韓国アイドルの髪の毛オークションに
24.02.27
独立運動記念日にソウルで大規模集会
24.02.29
ネトフリ韓国ドラマ「寄生獣」配信へ
24.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]