韓国旅行「コネスト」 空港で食堂を利用する韓国人、免税店に行く中国人…日本人は「合理的消費」。韓国の旅行ニュース
KONEST

空港で食堂を利用する韓国人、免税店に行く中国人…日本人は「合理的消費」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の仁川(インチョン)空港で中国人は「免税店ショッピング」をし、韓国人は「食堂」に入り、日本人は「合理的な消費」をすることが調査で分かった。

こうした韓日中3カ国国民の仁川空港における利用の特性は、29日に仁川国際空港公社空港産業技術研究院が公開した「2023韓日中旅客仁川空港旅客利用特性調査」の結果に表れている。

仁川空港の一般区域で利用した施設を比較した結果、多くの韓国人はチェックインの前後に食堂に行くことが把握された。韓国人が仁川空港で出発前に最初に確認するのも空港内の食堂情報だった。

半面、中国人と日本人はカフェを最も多く利用した。カフェで帰国前に最後に軽く飲食をして免税区域に移動することが分かった。

仁川空港の免税店の客は中国人が最も多かった。中国人の免税店訪問後の購買比率は75%と、3カ国のうち最も高かった。仁川空港に到着する前から免税店を検索するなど関心も高かった。中国人は化粧品・香水(56.8%)品目を最もよく購入し、ショッピング支出額も1人平均26万7822ウォン(約3万円)で最も多かった。日本人は16万1503ウォンだった。日本人は免税店で過半数が食品・菓子類を選択した。帰国後におみやげとして小さな菓子などを配る日本人の文化的特性が反映されたものと分析される。

韓国人と中国人は若い人が仁川空港をよく利用した半面、日本人は40-50代の女性の利用が多かった。韓国人は51.1%、中国人は63.3%が20・30代であるのに対し、日本人は40-50代の女性が全体の46.5%を占めた。

仁川空港アクセス交通手段も国別に異なった。韓国人と中国人は荷物を持たずに便利に移動できる空港バス(リムジン)を好み、電車に慣れている日本人は時間が正確な「空港鉄道」を選択した。

仁川国際空港公社の李鶴宰(イ・ハクジェ)社長は「仁川空港利用客の形態の変化を持続的に把握し、顧客に合わせたマーケティング戦略を提示していく」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2023年11月30日 11:17
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
TWICE新譜が米チャート1位に
研修医の職場離脱、法にのっとり措置
尹大統領の支持率2週連続4割超
マーティンキムの大阪PUSが大盛況
JHOPE新譜記念ポップアップ開催
Highlight 新譜を発売へ
韓国ウェブ漫画 日本でドラマ化
地方の市場アルバイト大半が留学生
世帯当り消費支出額が5.1%増加
政府 研修医に業務開始命令公告
週間アクセスランキング
YGエンタ グラビア撮影中に事故
24.02.29
韓国アイドルの髪の毛オークションに
24.02.27
韓国ウェブ漫画 日本でドラマ化
24.03.02
独立運動記念日にソウルで大規模集会
24.02.29
ネトフリ韓国ドラマ「寄生獣」配信へ
24.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]