韓国旅行「コネスト」 中小建設・造船5社を整理、15社はワークアウトへ。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
K-POP歌番組観覧ツアー3月予約絶賛受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 中小建設・造船5社を整理、15社はワークアウトへ

中小建設・造船5社を整理、15社はワークアウトへ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル27日聯合ニュース】中小規模の建設・造船会社74社のうち、5社が経営不振企業(D等級)判定を受け整理手続き対象に、15社がワークアウト(企業改善作業)対象に確定した。
 主債権銀行は27日、第2次構造調整の審査対象だった施行能力101~300位圏の建設会社70社と造船会社4社に対し、こうした信用リスク評価結果を発表した。構造調整対象に選定されたのは全審査対象の27%だ。
 D等級を受け整理対象に選定された企業は、トウォン建設、セロムソンウォン産業、トンサン建設、キサン総合建設の建設4社と、造船のYS重工業。主債権銀行別ではウリィ銀行が3社で最も多い。ウリィ銀行が主債権銀行のYS重工業は、評価期間中に企業再生手続きを申請した。

 ワークアウト対象企業は、ソンチョン総合建設、テウォン建設産業、テア建設、シンド総合建設、テワン、SCハンボ建設、ハングク建設、ファソン開発、ヨンドン建設、ヌルプルンオスカービル、ルメイエル建設、チュンド建設、セハン総合建設の建設13社と、造船ではセコ重工業とTKSの2社だ。

 国民銀行の姜正元(カン・ジョンウォン)頭取は、15社のワークアウト対象企業に対し、自助計画履行を前提に、実効性ある金融支援と徹底した経営管理を通じ経営正常化を推進する予定だと明らかにした。企業の早期再生を目指し、早急に経営正常化計画約定(MOU)を締結するという。

 一方、これら建設・造船会社20社の構造調整推進にあたり、金融界の貸倒引当金積み増し額は約1960億ウォンになると推定される。金融機関の健全性に及ぼす影響は大きくないとみられる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年03月27日 17:45
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 1人当たりの国民総所得、昨年1万9231ドル
  • KT・KTFが合弁、6月初め正式にスタートへ
  • 就職難で勉強に集中の学生増加 大学構内のコンビニで売上伸びる
  • SKC崔会長、米経済誌が選ぶ「アジアの慈善家」に
  • 全羅南道で韓屋建設がブームに、雇用にも「恵みの雨」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ヒョヨンが始球式
    輸入ビール売上高 初めて国産上回る
    慶弔費支出が減少 金英蘭法など影響
    「ダサソー」に罰金 敗訴後も営業
    韓国、実質所得7年ぶり減少
    スケート アジア大会で過去最高
    弾劾の賛成派・反対派が集会開催へ
    イェウン脚線美で視線“強奪”
    朴大統領弾劾審理の最終弁論延期は?
    TWICEの日本進出が決定
    週間アクセスランキング
    俳優の同い年カップル5月非公開...
    17.02.23
    Red Velvetの衣装が話題
    17.02.21
    引退したソン・ヨンジェ芸能界進...
    17.02.22
    ソン・ジェリム、誕生日会を日本...
    17.02.21
    ソン・ヘギョ、バーバリーショー...
    17.02.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]