韓国旅行「コネスト」 拘束を免れた俳優ユ・アインさん…「争いの余地がある」拘束令状を再び棄却。韓国の芸能ニュース
KONEST

拘束を免れた俳優ユ・アインさん…「争いの余地がある」拘束令状を再び棄却

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
麻薬を常習使用した疑いが持たれている俳優ユ・アインさん(37、本名オム・ホンシク)が、今年5月に続き再び拘束を免れた。

ソウル中央地裁のユン・ジェナム令状専担部長判事は21日、麻薬類管理法違反などの疑いが持たれているユさんに対する拘束前被疑者尋問(令状審査)を開いた後、「現段階で被疑者を拘束する必要性と相当性が足りない」として検察が請求した拘束令状を再度棄却した。

ユさんに対しては5月、警察捜査段階で拘束令状が一度棄却されたことがある。

ユン部長判事はこの日「被疑者がプロポフォール投与、睡眠薬の違法買収関連犯行の相当部分と被疑者本人の大麻使用の犯行は認めており、関連証拠が相当部分確保されている」と明らかにした。

また「大麻授受および大麻使用教唆の部分は被疑者が大麻の使用を勧めたと疑われる情況はあるが、被疑者の行為が大麻使用教唆に至る程度なのかに関しては争いの余地がある」と指摘した。

尹部長判事は「証拠隠滅教唆の部分においても争いの余地がある」と述べた。同時に、ユさんが同種犯罪の前歴がなく住居が一定な点などを考慮してこのように決めたと説明した。

ユさんはこの日、令状審査に出席し「この間ご迷惑をかけて改めて申し訳ない」として「法廷で誠実に答え、私が申し上げられるすべての回答を率直に申し上げる」と話した。

検察によると、ユさんは2020年からソウル一帯の病院で美容施術の睡眠麻酔を口実に約200回、計5億ウォン(約5500万円)相当のプロポフォールなど医療用麻薬類を常習的に買収・投与した疑いが持たれている。

数十回にわたって他人名義で睡眠薬約1000錠を違法処方されて投与し、今年1月に知人と米国で大麻などの麻薬類を使用した疑いもある。

検察は6月に事件を在宅送検された後、補完捜査を経てユさんが知人に証拠隠滅を指示したり、米国現地で一行に大麻の使用を強要したりした疑いなどを追加適用し、18日に拘束令状を再請求した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2023年09月22日 10:31
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
K-POP悩ませるチケット転売問題
来月 青瓦台で冬の夜間観覧
INFINITEウヒョン 希少がん
坂本龍一のコンサート映画 韓国公開
ブラックフライデー商戦 中国製席巻
韓国政府 非武装地帯の監視所復元へ
離陸前に「操作禁止」義務放送=韓国
「3回ゴール取り消し」の孫興慜
サムスントップ万博誘致活動終え帰国
濱口竜介監督が来月訪韓へ
週間アクセスランキング
韓国人気グループが日本レコ大で受賞
23.11.22
元EXOクリス中国で懲役13年確定
23.11.24
映画「ソウルの春」公開初日1位
23.11.23
ソウルPM2.5とPM10 注意報
23.11.23
金建希夫人美貌に驚いた英国メディア
23.11.22
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]