韓国旅行「コネスト」 <柔道>李俊奐、世界選手権で銅メダル…準々決勝で日本の永瀬を制圧。韓国のスポーツニュース
KONEST

<柔道>李俊奐、世界選手権で銅メダル…準々決勝で日本の永瀬を制圧

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
柔道韓国代表の李俊奐(イジュンファン、21)が初出場の世界選手権大会でメダルを首にかけた。李俊奐は11日(日本時間)、カタール・ドーハABHAアリーナで開かれた2023国際柔道連盟(IJF)世界選手権大会男子81キロ級銅メダル決定戦でフランソア・グーティエ(カナダ)を1分25秒後に背負投げで一本勝ちした。

李俊奐は持ち味の右手背負投げで相手を倒した。韓国代表チームが獲得した今大会2つ目のメダルとなった。これに先立ち、男子60キロ級イ・ハリムも銅メダルを獲得した。

李俊奐はこの日の準々決勝で2020東京オリンピック(五輪)金メダリストの日本の永瀬貴規と対戦した。韓国選手が柔道宗主国日本に勝つのは非常に珍しい。正規時間4分間で勝負がつかなかったが、ゴールデンスコア(延長戦)29秒後に小外掛けで勝利した。李俊奐は昨年グランドスラム・ウランバートルでも永瀬を破っている。当時は背負投げ「技有」だった。

1000点の五輪ランキングポイントを取得した李俊奐は2024パリ五輪出場権獲得にまた一歩近づいた。今回はパリ五輪を約1年後に控えて開かれた前哨戦ともいえる大会だったため、各階級の強豪が総出動した。

李俊奐は昨年から国際大会で頭角を現わし始めた韓国の男子柔道の次世代看板だ。力と技術をどちらも備えた選手だ。2016リオデジャネイロ五輪90キロ級銅メダルリストの郭同韓(クァク・ドンハン)とプレースタイルが似ているという評価を受けている。郭同韓は2014仁川(インチョン)アジア競技大会から10年近く韓国柔道の看板として活躍している。

一方、同日女子63キロ級に出場したシン・チェウォンは2回戦で脱落した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2023年05月11日 10:17
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
行方不明の配達員が結局遺体で発見
数百年に一度の豪雨が毎年発生
「内需回復の兆し」を3カ月連続言及
役所広司が15年ぶり来韓へ
韓国ユーチューバー登録者20万人増
TWICEデビュー曲再生5億回突破
韓国5人に1人が65歳以上
ジェニーの室内喫煙問題にBBC言及
職場離脱の研修医に最後通告
日本人投手の白川、斗山と契約
週間アクセスランキング
「ジェニーの室内喫煙」場面が議論に
24.07.09
ソン・イェジンが結婚した理由を告白
24.07.08
「泥酔ベンツ女」イェソン懲役10年
24.07.09
ジェニーの屋内喫煙「ずっと謝った」
24.07.11
ヒョナ&ヨン・ジュンヒョンが結婚か
24.07.08
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]