韓国旅行「コネスト」 ソン・スンホン「愛のためなら、すべてを捨てられる」。韓国の芸能ニュース
KONEST

ソン・スンホン「愛のためなら、すべてを捨てられる」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優ソン・スンホンは9日午後、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテル・クリスタルボールルームで開催されたMBC(文化放送)テレビドラマ「エデンの東」放送終の了記者会見で情熱的な恋愛観を述べた。

ソン・スンホンは劇中、イ・ドンチョル役を演じ、家族のために愛する女性を手放したが、彼女に対する気持ちを絶つことができないまま、そばで見守っていた。

ソン・スンホンはこれについて「劇中では辛かったが、手放さなければならなかった。劇中ではそれしか方法がない状況だったが、自分ならこのようにはしない。イ・ドンチョルの恋愛にはもどかしい面もあった」とし「愛のためなら、自分はどんなものでも捨てられる」と話した。

またソン・スンホンは記者会見の席上で「エデンの東」についての批判に対し、率直な意見を述べた。

ソン・スンホンは「人間なら良い話ならうれしいし、悪い話なら傷つけられるが、関心や愛情があるからこそ、非難されるのだと受けとめている」とし「イ・ドンチョルは自分が見ても、正義感が強かった。このため、不正をはたらいても美化された部分があるようで、銃で撃たれても1、2時間で完治するスーパーマンのようなところがあった」と指摘した。

しかし「メロドラマチック」という一部の批判については、「このような批判があったことは知っているが、恋人や家族との愛など、すべての物事がいち早く変化していく時代の中で、愛の本質は時間が過ぎ去っても変わらないということを演じることができ、満足している」と伝えた。

最後にソン・スンホンは8カ月にわたりイ・ドンチョル役を演じた感想として「長いあいだ笑うことなく涙を流す役は珍しかった。エンディングで恋人のククチャと短く微笑み合ったのが、ドラマで笑った唯一の場面。次の作品では笑える演技ができたらいい」とコメントした。

「エデンの東」は10日に55回と56回を連続で放送し、8カ月にわたる長いドラマの幕を閉じる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年03月10日 12:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
韓国の新規コロナ感染者673人
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
キューブ 新グループデビューを予告
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]