韓国旅行「コネスト」 外国人の「爆買い」復活へ 大型店舗再オープンで明洞に活気戻る=韓国。韓国の旅行ニュース
KONEST

外国人の「爆買い」復活へ 大型店舗再オープンで明洞に活気戻る=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
新型コロナウイルス感染症がエンデミック(一定期間で繰り返される流行)に移行し、海外からの韓国入国が再開されたことで、百貨店でブランド品を購入する外国人が増えている。外国人が訪れる代表的な観光地であるソウルの明洞では、閉店した店舗が再オープンし、活気を取り戻している。

ギャラリア百貨店は7日、高級ブランドを扱う名品館の直近半年間(昨年8月から先月まで)の外国人による売上高が前年同期比6倍以上になったと発表した。名品館の外国人による売上高は、韓国の百貨店の中では明洞に近いロッテ百貨店本店に次いで多い。

コロナ禍以前は外国人の売上高が全体の15%以上を占めたが、感染拡大の長期化によって1%以下まで落ち込んだこともあった。

ここ半年間で、外国人による売上高の割合は5%以上に上昇。購入客の多さは中国、東南アジア、米国、日本の順となっている。

昨年後半からは中国人が増加傾向を示しており、外国人の主な購入品目はブランド品が圧倒的だった。

名品館を訪れる外国人は団体客より個人客が多く、客単価も高い。コロナ禍直前の中国人の客単価は300万ウォン(現在のレートで約31万6000円)に上った。 

現代百貨店は、ソウル・汝矣島にあるザ・現代ソウルの昨年8月~今年1月の外国人の売上高が前年同期比12倍以上になったと発表した。客単価の伸び率は26.3%だった。

同百貨店は、ザ・現代ソウルが「K―POPの聖地」として口コミで広がり、米国、日本、東南アジアの観光客から人気を集めていると説明した。 

ザ・現代ソウルは中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」など海外のSNS(交流サイト)でPRを行うほか、ソウル観光財団と共に香港、台湾、マレーシアの旅行会社を招待するプログラムも推進している。

韓国観光公社によると、昨年12月に韓国入りした外国人観光客は53万9273人で、前年同月の約6倍に増加した。

国・地域別では日本人が前年比約83倍の8万4175人で最も多く、続いてシンガポール(5万711人)、タイ(4万1026人)、台湾(2万9066人)、中国(2万7367人)、香港(2万7146人)の順だった。

代表的な観光地である明洞も、徐々に本来の姿を取り戻している。

コロナ禍で店を閉めていた大規模店舗が再オープンし、街にも活気が戻ってきた。

昨年3月に閉店したダイソー明洞駅店はリニューアルを終え、従来の1~5階から1~12階に規模を拡大して今月末に再オープンする。

アディダスコリアも先月、明洞にフラッグシップストア「アディダス・ブランド・フラッグシップ・ソウル」をオープンした。

国内最大となる2501平方メートルの店内には、韓国の文化とライフスタイルを反映した幅広い製品がそろう。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2023年02月07日 11:45
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
医師の職場離脱 教授辞職で混乱拡大
新グループNOWADAYSデビュー
女性歌手ソ・イニョン結婚1年で破局
ジブリのカフェ 済州島にオープン
在韓米軍駐留費 協定締結へ
フィレンツェ韓国映画祭が21日開幕
重要鉱物の供給網 日本と協力強化へ
韓国1人当たり国民総所得2.6%増
韓国「全国のど自慢」若手司会降板
ピアニスト辻井伸行がソウルで独奏会
週間アクセスランキング
YGエンタ グラビア撮影中に事故
24.02.29
韓国ウェブ漫画 日本でドラマ化
24.03.02
マーティンキムの大阪PUSが大盛況
24.03.03
独立運動記念日にソウルで大規模集会
24.02.29
ネトフリ韓国ドラマ「寄生獣」配信へ
24.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]