ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国最大野党代表が検察出頭 都市開発事業の不正疑惑巡り。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国最大野党代表が検察出頭 都市開発事業の不正疑惑巡り

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)代表は28日、ソウル郊外にある城南市大庄洞の都市開発事業の不正疑惑を巡り、検察の取り調べを受けるために出頭した。検察は27日に出頭するよう要請していたが、李氏は「平日は仕事があるため週末に出頭する」との意向を示していた。


李氏は記者団に「ここは尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事の独裁政権が法治主義の憲政秩序を破壊する現場だ。政敵を除去するために国家権力を私有化した最悪の現場」と強く批判した。開発事業の疑惑をめぐり、都市開発公社の元幹部や関係者らから李氏の関与を示唆する供述が出ていることに対する報道陣の質問には答えなかった。

 検察は都市開発事業を巡り、城南市長だった李氏が民間業者に便宜を図って計4040億ウォン(約430億円)の巨額の利益を得させ、城南市に損害を与えたとみている。当時、李氏の側近らが民間業者に便宜を図り、利益のうち428億ウォンを受け取る約束を交わし、選挙資金の支援を受けたことにも李氏の介入があったとみている。

 李氏は城南市長時代に大企業に対し、自身がオーナーを務めたプロサッカークラブ・城南FCに計約170億ウォンの後援金を出させ、見返りとして建築の許認可や土地の用途変更などで便宜を図ったとする第三者供賄の疑いで今月10日にも検察に出頭し、取り調べを受けている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2023年01月28日 10:58
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
岸田首相の年内訪韓を推進=外交部
漢江に浮かぶプール26年オープンへ
日本の決勝進出に「韓国刺激になる」
ピアニスト倉本裕基 韓国ツアー開催
韓日軍事情報協定「正常化」措置完了
韓国経済団体も日本との交流加速
マスクはずさない乗客たち=韓国
チョー・ヨンピルが、ソロ公演
LVMHのアルノー会長が来韓
イ・ダヘとSE7ENが5月に結婚
週間アクセスランキング
韓日ファーストレディー 和菓子作り
23.03.17
韓日首脳 夫人同伴すき焼き=銀座
23.03.16
日本 異例の「おもてなし」
23.03.17
公共交通機関でのマスク着用義務解除
23.03.15
日本式メイドカフェが韓国上陸
23.03.16
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]