ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ソウル交通公社 地下鉄車内でデモ実施した障害者団体を提訴。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル交通公社 地下鉄車内でデモ実施した障害者団体を提訴

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国のソウル交通公社が、地下鉄車内でのデモにより被害を受けたとして障害者団体「全国障害者差別撤廃連帯(全障連)」を提訴した。

ソウル市によると、ソウル交通公社は6日に全障連と同団体代表を相手取り6億145万ウォン(約6400万円)の損害賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こした。2021年12月から約1年間、全障連が75回にわたり行った違法なデモにより地下鉄運行に遅れが生じるなどの被害を被ったと主張している。全障連は尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の障害者権利保障関連予算の削減に反対し、通勤時間帯の地下鉄車内でデモを行った。

今回の提訴は、呉世勲(オ・セフン)ソウル市長の「違法行為に対する不寛容の原則」に基づくもの。呉氏は昨年末、全障連が地下鉄でのデモを再開すると発表したことを受け、SNS(交流サイト)で「違法行為についてはこれ以上、寛容はない」とし、「民事上、刑事上の対応を含め必要な全ての法的措置を取っていく」と警告した。全障連は2023年度(1~12月)予算が国会で成立するまでデモを中断するよう求めた呉氏の要請を受け入れたが、成立した予算に団体側の要求がほとんど反映されていないとし、デモを再開すると発表していた。

これに対し、ソウル交通公社は今月2日、新たな訴訟を起こす方針を示していた。公社側は2021年末にも、全障連が同年1月22日~11月12日にかけ7回行ったデモが違法だとし、3000万ウォンを請求する訴訟を起こしている。

ソウル中央地裁は先月19日、ソウル交通公社の「エレベーター設置」、全障連の「デモ中止」を条件とする調停案を提示した。デモにより列車の運行が5分以上遅延した場合、全障連が1回当たり500万ウォンを公社に支払うことも命じた。全障連は調停案を受け入れたが、公社とソウル市が受け入れなかったため対立が続いてきた。

全障連は今月19日までのデモ中断を決め、呉氏との面談を求めた。呉氏も要請を受け入れたが、面談の日時はまだ決まっていない。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2023年01月10日 11:39
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]