韓国旅行「コネスト」 韓国大統領室 脱北者団体と面会=北朝鮮向けビラ散布認めるか。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国大統領室 脱北者団体と面会=北朝鮮向けビラ散布認めるか

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の大統領室が北朝鮮の人権問題に取り組む脱北者団体などとの意思疎通の窓口を設けていることが9日、分かった。

大統領室関係者は聯合ニュースに対し、「昨年、(脱北者団体の)自由北韓運動連合など市民団体の関係者が面会を要請して会った」として、「今年に入って会ったことはないが、(意思疎通の)窓口を開いている」と明らかにした。同関係者によると、文在寅(ムン・ジェイン)前政権の際、当時の青瓦台(大統領府)は脱北者団体を対話の相手として認めず、敵視していた。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は大統領選で北朝鮮の人権改善に向けた国際社会との連携を強調した。北朝鮮人権財団の発足などは国政課題に含まれている。大統領室はその延長線で北朝鮮の人権問題に取り組む市民団体の活動を尊重しているという。

とりわけ、北朝鮮政権の実状を現地の住民に伝えるためのビラ散布は人権運動の中心的な手段であるという団体の主張に「一理ある」と判断しているもようだ。

韓国政府は北朝鮮の挑発行為がエスカレートして2018年の南北軍事合意の効力を停止させる場合、市民団体が軍事境界線付近で北朝鮮に向けビラを散布しても処罰しない方針だ。ビラ散布を事実上支援する可能性があるとの見方も出ている。

現在、南北関係発展に関する法律では北朝鮮に向けビラを散布した場合、3年以下の懲役か3000万ウォン(約310万円)以下の罰金に処すると定めている。だが、ビラ散布を禁止した南北合意書の効力が停止する場合、処罰規定も無力化する。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2023年01月09日 11:46
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
釜山「パラシュートマン」の正体は
俳優チョ・インソン詐欺に注意
歌手ソン・シギョン、マッコリ発売
大雪で孤立・停電・けが・事故相次ぐ
ル セラフィム 日本で自己最高売上
女性相の後任置かず 大統領公約履行
ダルビッシュの称賛に高佑錫が笑顔
外国人投資家 ウォン借り入れ可能に
乗り放題カード 青年向け割引実施へ
日本とタイ「コスパ優秀」旅行地選定
週間アクセスランキング
チョン・ウソン ドラマ出演決定
24.02.17
コカ・コーラハングル入り限定品発売
24.02.21
ENHYPENがBTS曲をリメーク
24.02.16
世界を魅了した韓国ラーメン
24.02.20
RMが陸軍軍楽隊服務の近況公開
24.02.16
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]