韓国旅行「コネスト」 「今夜、世界からこの恋が消えても」 韓国で興行好調=若い女性に人気。韓国の芸能ニュース
KONEST

「今夜、世界からこの恋が消えても」 韓国で興行好調=若い女性に人気

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本映画「今夜、世界からこの恋が消えても」が韓国で10~20代の女性を中心に高い人気を集めている。同作品は昨年11月30日に韓国で公開され、今月2日までに映画振興委員会の集計で約66万2000人を動員した。2000年代以降に封切られた日本の恋愛映画の中で最多の観客動員数を記録している。

韓国での公開当日に興行ランキング9位となり、公開5週目に入って以降も4位を維持している。

主な観客層は10代だ。韓国の複合映画館(シネコン)大手、CGVとロッテシネマによると、同作品のチケットを予約した観客のうち、10代が35%以上だった。20代はCGVで28.5%、ロッテシネマで29.0%となり、10代と20代を合わせると全体の約65%を占める。

観客の約7割が女性で、若い女性に圧倒的な支持を得ている。

同作品の輸入会社関係者は「若い観客層が理解しやすく、涙を誘うストーリー、三木孝浩監督特有の美しい映像が10~20代女性から人気を得ている」と語った。

米ハリウッドの大作「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」の公開による効果も好調の主な原因の一つとみられる。映画評論家のオ・ドンジン氏は「一作が興行に成功すれば映画館を再び訪れる観客が多くなり、ほかの作品も人気を得る傾向がある」として、「重くなくて温かい雰囲気の『今夜、世界からこの恋が消えても』が年末年始の雰囲気と合致し、興行に弾みがついた」と説明。「アバターと競う新しい作品が登場するまでは今の流れが続くと思う」と分析した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2023年01月02日 07:01
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優イ・ヨンエ 軍部隊音楽会を後援
BLACKPINKロゼ、事務所移籍
DMZ地雷爆発で北朝鮮兵が多数死傷
韓国の国家競争力20位、日本38位
韓国人男性、結婚が難しい理由とは?
日米韓の産業担当相ワシントンで会談
福富つき 悪質メッセージ公開し遮断
韓国の高校2年「数学基礎学力不足」
ホテル内ジム「おばさん不可」論争に
開業医らがきょう一斉休診=韓国
週間アクセスランキング
BTSジンイベントで女性が奇襲キス
24.06.15
キム・スヒョンとナヨンの熱愛説否定
24.06.12
元T-ARA 詐欺容疑で捜査中
24.06.14
HYBEの新女性グループがデビュー
24.06.14
ティーウェイ機体欠陥で11時間遅延
24.06.14
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]