ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 22年の消費者物価5.1%上昇 アジア通貨危機以来の高水準=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

22年の消費者物価5.1%上昇 アジア通貨危機以来の高水準=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の統計庁が30日発表した消費者物価動向によると、2022年の消費者物価指数は前年比5.1%上昇した。アジア通貨危機さなかの1998年(7.5%)以来の高水準となった。今年12月の前年同月比の上昇率は11月と同じ5.0%だった。

年間の消費者物価上昇率は19年が0.4%、20年が0.5%と、統計作成開始後初めて2年連続で1%を下回ったが、21年は原材料価格の上昇と需要回復を背景に10年ぶり高水準となる2.5%を記録した。

今年はロシアによるウクライナ侵攻のあおりで原材料価格がさらに高騰し、物価は全般的に大きく上昇した。

品目別にみると、工業製品が6.9%上がった。中でも石油類の上昇率は22.2%と、1998年(33.4%)以来の大きさだった。加工食品も7.8%上昇。農畜水産物の上昇率は3.8%だった。

電気・ガス・水道は燃料価格の高騰が影響し、12.6%上昇した。現行の統計となった2010年以降で最も高い数値。

個人サービスの上昇率は5.4%で、1996年(7.6%)以来の高水準だった。

変動の大きい農産物と石油類を除いたコア物価は4.1%、生活実感に近い生活物価指数は6.0%、それぞれ上昇した。

月別には、1月に前年同月比3.6%上昇で始まり、5月が5.4%、6月が6.0%と拡大し、7月には6.3%に達した。その後は上昇の勢いがやや衰えている様子で、11月に続き12月も5.0%だった。だが、電気・ガス料金の引き上げなどにより依然として高止まりしており、12月まで8カ月連続で5%以上となった。 

統計庁の担当者は12月について「加工食品や石油類などの工業製品の値上がりの勢いが増した半面、外食を中心に個人サービス価格の上昇ペースは鈍化した」と説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年12月30日 09:27
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チェジュ航空 松山・静岡線再開
ニュージーンズ 韓国チャート独占
江南都心空港ターミナルが閉業
1月の消費者物価上層率5.2%
ストレイキッズ 仏音楽祭に出演
大韓航空 22年通期は過去最高
役員も「さん」付け 水平文化目指す
対馬の盗難仏像 日本への返還命じる
「スラムダンク」再版 60万部突破
BTS 米キッズ・アワード候補に
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
2月からタクシー初乗り料金値上げ
23.01.30
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]