ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 兵役不正10人以上…韓国スポーツ界で大騒ぎ。韓国のスポーツニュース
KONEST

兵役不正10人以上…韓国スポーツ界で大騒ぎ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
男子プロバレーボールOK金融グループのバレーボール選手チョ・ジェソン(27)が兵役不正事件に巻き込まれた中、検察がサッカー選手などプロ種目の選手たちを捜査している。

検察と兵務庁合同捜査チームは、チョ・ジェソン選手が属しているプロバレーボール以外にも、他のプロスポーツ種目の選手と専門職など多様な職群の兵役不正疑惑を捜査している。その数は10人を超えるという。

27日SBSの報道によると、彼らは皆「てんかん」を訴えて兵役が免除されたり、判定等級を操作したりしたと疑われている。

一度に6級兵役免除を受けた事例もあり、様々なルートを通じて等級を操作して4級補充役や5級戦時勤労役と判定された場合もあるということが分かった。

検察は調査対象のうち、すでに自分の容疑を自白した一部の選手に対しては拘束令状を請求しないという。

2004年にはプロ野球選手数十人が尿に血液と薬物を混ぜて「糸球体腎炎」の判定を受ける形で兵役逃れを試み、2008年にはプロサッカー選手100人余りが肩の脱臼を口実に手術を受け、兵役を回避して摘発されたことがある。

当初現役兵として入隊対象だったチョ・ジェソンはブローカーの助言を聞いた後、てんかんと診断された。その後、2月に改めて受けた身体検査で4級社会服務要員の判定を受けた。

OK金融グループ球団はこの日「チョ・ジェソンが25日午後、球団に兵役不正事件に関連して捜査機関に調査を受ける予定だという事実を球団に知らせてきた」として「該当事実を認知した直後、チョ・ジェソンをすべての訓練と試合から排除した。球団は選手が調査に誠実に臨めるようにする」と明らかにした。

また、「現在捜査機関で調査が進められている事件であり、具体的な内容は捜査結果を見守る必要があるとみられ、もし該当選手の犯罪事実が確認された場合、球団は『無寛容の原則』で処理する」と付け加えた。

一方、チョ・ジェソンは今後、被疑者の身分でソウル南部地検に出席して取り調べを受ける予定だ。ソウル南部地検は最近、兵役不正ブローカーを拘束した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年12月28日 09:57
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
中国人向け短期ビザ発給制限延長
ブラックピンク ギネス世界記録認定
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
韓国、昨年11月出生児数2万人割れ
東京で義人李秀賢さん22周忌追悼式
東方神起 来月誕生日パーティー開催
SHINeeオンユ 東京コンサート
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
昨年12月訪韓外国人日本人が最多
23.01.22
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]